キャッツクローの成分分析結果

キャッツクロー成分

キャッツクローサポートデラックスの成分分析

いい加減な情報でみなさまに迷ってほしくはありません。キャッツクローサポートデラックスは公的機関で成分分析など、根拠をきちんとお調べしております。

キャッツクローサポートデラックスの成分分析はみなさまに安全と信頼をお届けするために世界基準の国際分析機関 International Analytical Serviccs S.A.C 依頼して分析しております。

キャッツクローの成分

成分
100g当たりの含有量
繊維 38.9%
たんぱく質 3.0%
脂質 0.8%
灰分 5.2%
糖質 39.1%

ビタミン類

成分
100グラム当たりの含有量
ビタミン6 140ug
葉酸 14ug
ナイアシン 0.41mg
イノシトール 250mg
パントテン酸 0.27mg

キャッツクローの主成分は6種類のアルカロイド

ヨーロッパ各国の科学者たちによりキャッツクローの研究の科学的分析が詳しく行われ、キャッツクローにはアルカロイド成分が豊富に含まれていることが明らかにされました。

1974年、オーストリアの科学者クラウスーケプリンガー博士が、キャッツクローの主成分はオキシインドールーアルカロイドと呼ばれるアルカロイドであり、次の6種類のアルカロイドが含まれていると発表されました。

・イソテロポディン

・テロポディン

・イソミトラフィリン

・ミトラフィリン

・イソリンコフィリン

・リンコフィリン

アルカロイドとは、植物の組織に含まれる塩基性の物質の総称です。

アルカリオイドが合成された言葉で、オイドは「に似ている」という意味をもちます。

つまり、アルカリに似たものという意味です。 アルカロイドは特殊な生理作用や薬理作用をもつことが特徴で、キャッツクローに含まれる6種類のアルカロイドの中でも、イソテロポディンはキャッツクロー特有のアルカロイドであり、人間のからだの免疫機能を高め、正常化する作用がたいへん高いことが判明しています。

テロポディン、イソミトラフィリン、イソリンコフィリンも、免疫細胞であるマクロファージを活性化して、体外から侵入した病原体を死滅させたり、ガン細胞の増殖を抑制する作用が高いことが明らかになっています。

また、リンコフィリンは血行改善作用があります。

止血作用のある血小板が血管内で凝集するのを抑制して、血管内に血栓ができるのを予防する働きをします。

また、血液循環をよくすることによって血圧を下げたり、動脈硬化を予防する効果も期待されています。