リウマチの原因

リウマチ 原因

リウマチの原因は免疫異常が関与して起こる

リウマチになる原因はなんなのか? 免疫異常がなぜ起こるのか?

リウマチの原因はまだはっきりとは解明されていません。

関節リウマチが他のリウマチ性疾患から医学的に区別されたのは19世紀末、免疫の異常が関与していることが明らかになっだのは20世紀も半ば近くになってからでした。

その後、さまざまな研究によって、遺伝的な要素が関係し、何らかの後天的な因子が加わって発病するのではないか、あるいは微生物による感染症に端を発した炎症によって免疫作用の異常が誘発されるのではないか、などの仮説が唱えられていますが、関節リウマチの原因は何なのか、そのほんとうの原因究明は21世紀の今日まで持ち越されています。

原因そのものは明らかではないものの、関節リウマチは、免疫の働きに狂いが生じて起こる自己免疫疾患の関与によって引き起こされることは確かです。

また、男女の比率をみると、女性患者は男性に比べて3倍多いというように、圧倒的に女性のほうが多いことから、女性ホルモンとの関連での研究も進められています。

30代から50代の女性がかかりやすい

年齢的に見ると、30代から50代で発症するケースが多いことも特徴的です。

リウマチというと、高齢者の病気のような印象をもつ方もいると思うが、実際には30代から50代の働き盛りの女性、家庭においても多忙な時期の女性が襲われる場合が多く、じつにやっかいな病気です。

女性ホルモンがリウマチの発病に影響?

女性ホルモンには、直接、発病を促す働きはありません。ただし、女性ホルモンには、自己抗体の働きを活発にしたり、免疫反応を促す物質(サイトカインなど)を活性化させやすい性質があると考えられています。

特に、卵胞ホルモン(エストロゲン)と乳腺刺激ホルモン(プロラクチン)に、その働きが強いとされていま大実際、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病は、月経のある年代に発病しやすく、閉経してエストロゲンが分泌されなくなると、発病率も下がります。

また、関節リウマチの女性が出産後に授乳をつづけていると、症状が悪化するケースがよくあり、乳腺刺激ホルモンの影響と考えられます。

産む機能が免疫を複雑にする

妊娠・出産という女性特有の機能は、免疫の働きと影響し合うと考えられています。

たとえば、妊娠とのかかわりで丈男性の精子も、胎児の細胞も、女性の体にとっては異物となりますから、これを非自己として排除してしまわないよう、妊娠中は免疫系があまり働かないように抑えられています。

出産後には、この免疫抑制は解除されますが、それがあまり急激に行われると、反動で免疫の働きが過剰になります。

女性の免疫システムは、男性よりも複雑でデリケートな対応をするため、自己免疫の病気になりやすいと考えられるのです。

リウマチとキャッツクロー

リウマチや関節症を癒すキャッツクロー

ペルーでは、キャッツクローのリウマチに対する効果はインカの時代から知られていたようで、先住民族のアニャンカ族のあいだでは、リウマチや関節痛の生薬として愛用されていました。

現在でもペルーでは、キャッツクローはリウマチの民間特効薬として広く知られています。

キャッツクローの成分が相互作用し、相乗効果を生み出すことによって、リウマチや変形性関節症の激痛を癒し、動かなかった関節が再び動くようにしていく効果を生み出します。

キャッツクローサポートデラックスご愛用者の声

キャッツクローサポートデラックスご愛用者の声

キャッツクローサポートデラックスを飲んで短期間で引くなんて驚きです。

井上陽子様 愛知県岡崎市十王町 症状:リウマチ 

5年ほど前ヒザや股関節が急に痛みだし、正座はおろかしゃがむことさえできなくなりました。

接骨院や鍼灸院、整形外科に通い、いろいろな治療を受けてみましたが、痛みはよくなりませんでした。それどころか原因さえわかりませんでした。

その時この痛みと一生つきあっていくのかと落胆しました。そのうち歩くたびにヒザの痛みがひどくなり炎症を起こしてきたのです。

2年前からキャッツクローサポートデラックスを飲み始めたのも、関節の痛を緩和すると聞いたからです。

毎日飲む量は朝、昼、夜3回に分けて1回3カプセル飲むことにしました。 でも飲みつづけると体調に合わないどころか、むしろ胃の調子がよくなったくらいです。 痛みが少し軽くなったのは3週間後です。

ヒザと股関節の痛みが少し軽くなり、歩くときもヒザがミシミシいわなくなりまいた。

これまでどんな治療を受けてもよくならなかったのにキャッツクローサポートデラックスを飲んで短期間で引くなんて驚きです。