リウマチの診断と検査

リウマチの診断と検査

病院で行われる慢性関節リウマチの検査

慢性関節リウマチは初期段階での治療が大切であるため、厚生省では「早期慢性関節リウマチ(RA)の診断基準」を作成しています。

6つの診断基準項目のうち4項目以上当てはまった場合は「早期慢性関節リウマチ」と診断されます。

専門的な診断基準であるため、少し表現をわかりやすく説明しています。

自分の症状と照合して見てください。

朝のこわばりが15分以上続く(―週間以上)。

3つ以上の関節が腫れている(1週間以上)。

手首の関節、指の真ん中の関節、指のつけ根の関節、あるいは足首の関節、足の指の真ん中の関節のいずれかが腫れている(1週間以上)。

左右対象に腫れている関節がある(1週間以上)。

血液検査によるリウマトイド因子が陽性である。

手足のX線検査で、軟部組織(皮下組織や筋肉組織)の紡錘状の腫れや骨粗鬆症、骨のびらんが見られる。

これらの症状は、次の病気でもよく現れるため、専門家による診断が必要です。

全身性エリテマト上アス、混合性結合組織病、強直性脊椎炎、ベーチェット病、乾癬性関節炎などで、これらの病気も自己免疫異常によって発症することが多く、全身的な症状を伴ないます。

慢性関節リウマチの可能性が考えられる場合には、血液検査やX線検査をします。

慢性関節リウマチの可能性が考えられる場合には、より正確に診断するために血液検査やX線検査によって次のような項目が調べられます。

①リウマチ因子(RF)

正式には「リウマトイド因子」といいます。

リウマチは、自分の血液の中にある免疫グロブリンを抗原とみなして自己抗体をつくってしまい、攻撃してしまう病気で、この自己抗体がリウマチ因子です。

そこで、血清中にリウマチ因子が検出され、陽性反応が出ると、リウマチと診断することができます。

ただし、リウマチの人でもリウマチ因子は陰性の人もいるため、他の診断項目や検査結果を合わせて総合的に慢性関節リウマチの診断が行われます。

逆に、全身性エリテマトーデスや全身性強皮症などの膠原病やエイズ、肝炎、肝硬変、結核などでもリウマチ因子の陽性反応が出る場合もあり、健康な高齢者でも 陽性になる人がいます。

②赤沈(血沈)

赤血球沈降速度の略で、体内で炎症が起こると、赤血球の沈降速度が速くなることから、炎症がどのくらい進んでいるかを調べることができる。

赤沈(血沈)の基準値は、男性では1時間に10mm以下、女性では15mm以下だが、リウマチになると50mm以上にな ることがあります。

もちろん他の疾患や貧血、がんなどでも基準値を超えることがある。

リウマチの診断検査というよりも、炎症の進行度がわかります。

③CRP(C反応タンパク)

体内で炎症が起こると、12~24時間以内に血液中に「C反応タンパク」という特殊なタンパク質が出現します。

炎症の度合いが強いほど、CRP値は高くなります。

④X線撮影

慢性関節リウマチの初期段階では骨には変化が見られない。

ただし、関節内の炎症が進み軟骨が消失し、骨の破壊が始まるとX線映像に異常が見られるようになります。

リウマチとキャッツクロー

リウマチや関節症を癒すキャッツクロー

ペルーでは、キャッツクローのリウマチに対する効果はインカの時代から知られていたようで、先住民族のアニャンカ族のあいだでは、リウマチや関節痛の生薬として愛用されていました。

現在でもペルーでは、キャッツクローはリウマチの民間特効薬として広く知られています。

キャッツクローの成分が相互作用し、相乗効果を生み出すことによって、リウマチや変形性関節症の激痛を癒し、動かなかった関節が再び動くようにしていく効果を生み出します。

キャッツクローサポートデラックスご愛用者の声

キャッツクローサポートデラックスご愛用者の声

私のお便りがリウマチで悩む人たちに少しでも参考になればと思いお便りいたしました。

野田亜希子様 福岡県福岡市 症状:リウマチ

リウマチが発症したのは約2年前です。右ひじの痛みと朝の手のこわばり、特にひじの痛みは壮絶でした。

強い鎮静剤は副作用も強いと聞き、心配で飲みませんでした。

そこでなら副作用の心配もないだろうと思いいくつも試してみましたが、どれも期待を上回るものではありませんでした。

1年前にキャッツクローサポートデラックスを知ったときにも、あまり期待はしなかったのです。

まわりの知人が少し痛みが軽減したみたいと聞き望みをかけてみることにしたのです。

キャッツクローサポートデラックスのカプセルを毎日9カプセル3回に分けて飲んでみました。

あまり大きなカプセルではないので飲みやすく感じました。

それから3ヶ月ほどたったころ右ひじのの痛みが少しずつ楽になってきたのです。 その後も毎日欠かさず飲みつづけました。

すると飲み始めて6ヶ月後には右ひじの痛みはずいぶん軽くなり、朝の手のこわばりもいつの間にか、軽くなっていました。

私のお便りがリウマチで悩む人たちに少しでも参考になればと思いお便りいたしました。