リウマチの症状

リウマチの症状は、小さな関節から大きな関節へと進んでいく。

関節リウマチでは、さまざまな関節症状があらわれますが、初期は「こわばり」や「はれ」が目立ち、しだいに「痛み」や「変形」が起こるようになります。 

●朝のこわばリ

初期の代表的な症状で朝、起き上がるときにあらわれやすいのですが、朝に限らず昼寝のあとでも起こります。

これは、 眠っている間に炎症で体液がたまり、むくむためと考えられていますが、関節液が炎症のため劣化して粘性が失われるためという説や、軟骨がすり減って動かしにくくなるため、といった説もあります。

体を動かすうちに体液が移動し、こわばりは徐々に消えますが、ひどくなると、半日、さらには一日中つづくこともあります。

●紡錘状のはれ

「はれ」は、まず指の関節によく出ます。指先から2つ目の第2関節と、つけ根の第3関節がはれてふくらみ、先細りの、糸巻きのような独特の形(紡錘状腫脹)になります。

はれている部分は、熱を持って赤みを帯び、ふれるとゴムのような弾力があります。

このようなはれは、手指以外にも、手首、足の指など小さな関節からはじまります。

やがて、足首、ひざ、ひじ、肩、股関節など、四肢の大きな関節もはれてくるという特徴があります。

●じわじわと進む痛み

関節リウマチは「痛み」の病気ですが、初期は、じっとしているときは痛みが軽い場合があります。

はれている部分を押すと、痛んだり(圧痛)、動かしたときに痛み(運動痛)を感じます。

しかし、病状が進むと、じっとしていても痛む(自発痛)ようになります。

これらの痛みは、滑膜に起こる炎症がもたらすものですが、骨の破壊などが進むと、炎症性ではない痛みも生じま大破壊さ れた関節の、周囲の筋肉や組織の血流が悪くなるための痛み(阻血性疼痛)、骨が弱くなるための痛み(機械的疼痛)、関節のはれが周囲の神経を圧迫するための痛みやしびれ(絞扼性神経障害)などが起こるようになります。

●おかされた関節の変形

指の関節は構造が簡単なため、はれがつづくと、骨がずれ、変形してきます。

特に、手指の変形(尺側偏位やスワンーネック変形など)は、ひと目で関節リウマチとわかる独特な形をしています。

また、足も変形しやすいところで、外反母趾、槌指(親指以外の4本の指先が曲がり、浮いたようになる)、重複指(指が重なり合ってしまう)、強い痛みをともなう足底のタコ、などがあらわれます。

関節以外の全身症状 内臓障害がある悪性関節リウマチ

関節リウマチでは、関節だけではなく、全身に炎症がおよびます。

そのため、発熱、体重減少、怠感、疲れやすくなる、といった症状が見られ、骨粗しょう症や貧血もよく起こります。

ひじなど骨が出っぱっていて、ものがあたりやすい部分にできるコブ状のしこり(リウマチ結節)も、比較的よく見られます。

さらに、眼、心臓、肺、神経、皮膚など、さまざまな臓器に障害がおよぶことがありま大治療しにくいこれらの関節外症状があるものは、「悪性関節リウマチ」と呼び、通常の関節リウマチとは区別します。

リウマチとキャッツクロー

リウマチや関節症を癒すキャッツクロー

ペルーでは、キャッツクローのリウマチに対する効果はインカの時代から知られていたようで、先住民族のアニャンカ族のあいだでは、リウマチや関節痛の生薬として愛用されていました。

現在でもペルーでは、キャッツクローはリウマチの民間特効薬として広く知られています。

キャッツクローの成分が相互作用し、相乗効果を生み出すことによって、リウマチや変形性関節症の激痛を癒し、動かなかった関節が再び動くようにしていく効果を生み出します。