リウマチを改善する食べ物(大豆・乳製品)

リウマチ 食べ物 大豆製品

リウマチを改善する食べ物 大豆製品

タンパク質、脂質、各種ビタミン類、鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが多く含まれます。 消化吸収がよく、弱った胃腸をサポートしてくれ、また、骨粗鬆症の予防効果があるイソフラボンなど有効成分が豊富。

■ゆで大豆

生大豆は生体内での栄養素の結合を崩すので生では食べない。水に浸した大豆をゆであげ、柔らかくし素材として調理します。含まれる脂質の50%は不飽和脂肪酸で血中コレステロール値を低下させます。

・30g→54kcal
・タンパク質→5g
・脂質→2.7g
・カルシウム→21mg
・食物繊維→2.1g 

■豆腐

鶏肉はビタミンAを他の肉類よりも3~4倍多く含む。 ビタミンAは目の網膜や各臓器の粘膜を丈夫にする働きがあります。

木綿豆腐
・100g→72kcal
・タンパク質→6.6g
・脂質→4.2g
・カルシウム→120mg
・食物繊維→0.4g

絹ごし豆腐
・100g―56kcal
・タンパク質→4.9g
・脂質→3.0g
・カルシウム→43mg
・食物繊維→0.3g

■高野豆腐

豆腐を凍らせ、スポンジ状にして乾燥させたもの。栄養面では凝縮されていて、コレステロール値の抑制作用がゆで大豆、豆腐よりも強い。また、カルシウムを多く含む。長期保存ができます。

・15g (1枚)→79kcal
・タンパク質→7.4g
・脂質→5g
・カルシウム→99mg
・食物繊維→0.3g

■豆乳

豆腐の原料液でおからを除いた濁液。他の大豆製品と同様の栄養成分を持ち、消化吸収がよい。イソフラボンが多く、コレステロール値を安定させる作用を持つ。

・200cc→92kcal
・タンパク質→6.4g
・脂質→4.0g
・カルシウム→30mg
・カリウム→384mg
・ビタミンE→0.6mg

■納豆

ゆで大豆に納豆菌を加えたもの。発酵によってタンパク質が分解されることで消化吸収が早くなります。ビタミンB2がゆで大豆の2倍、またビタミンKやサポニン、ナットウキナーゼ酵素が多く含まれます。

・40g→80kcal
・タンパク質→6.6g
・脂質→4g
・カリウム→264mg
・食物繊維→2.7g

■枝豆

大豆の若い種子。豆腐やゆで大豆に少ないビタミンAやCの他、ビタミンB群、ミネラル、カルシウム、カリウム、植物性タンパク質、食物繊維を含有。

・40g→54kcal
・タンパク質→4.7g
・脂質→2.5g
・ビタミンA→18μg
・ビタミンC→11mg
・食物繊維→2g

■おから

豆腐の製造工程でできる豆乳の搾りかす。豆腐に含まれる栄養素を有するが、豆腐にはない食物繊維が豊富。低カロリー。他の食材(魚、肉、野菜)と組み合わせ、バランスのよい栄養摂取ができます。

・30g→27kcal
・タンパク質→1.4g
・脂質→1.1g
・カリウム→69mg
・食物繊維→2.9g

リウマチ 食べ物 乳製品

リウマチを改善する食べ物 乳製品

良質タンパク質、脂質の他に、日本人に欠乏しがちな、カルシウム、鉄、ビタミンA、B2などが含まれ、各種栄養素が補えます。 特に牛乳に含まれるカルシウムは、体内に吸収されやすいので積極的に摂りましょう。

■牛乳

タンパク質や脂質、ビタミン類の他、消化吸収のよいカルシウムを豊富に含む。栄養バランスを完全にする食品。毎日コップ1杯は摂りましょう。骨粗鬆症、老化防止、イライラの解消によい。

・200ml→134Kcal
・タンパク質→6.6g
・脂質→7.6g
・カルシウム→220mg

■ヨーグルト

栄養素は牛乳とほば同じ。乳酸菌は腸の健康を保ち、老化防止や病気の抵抗力として役立ちます。ビフィズス菌には食物繊維に似た作用があり、便秘の改善などに役立ちます。

・100g→62kcal
・タンパク質→3.6g
・脂質→3.0mg
・カルシウム→120mg

■チーズ

牛乳の栄養が凝縮されている。乳酸菌と酵素を発酵させて作ったナチュラルチーズと、それを加熱処理したプロセスチーズがあります。カルシウムはタンパク質と結合した状態にあり、消化されやすい。

・20g(1切れ)→67kcal
・タンパク質→4.5g
・脂質→5.2mg
・カルシウム→126mg

■カッテージチーズ

熟成させない軟質のチーズ。脱脂乳や脱脂粉乳に乳酸菌を加えて作る。高タンパクで低脂肪。夕ンパク質、カルシウム補給によい。

・50g→53kcal
・タンパク質→6.6g
・脂質→2.2mg
・カルシウム--27.5mg