リウマチ関係用語ミニ知識 や~ら行

リウマチ関係用語ミニ知識 や行

薬物療法

関節リウマチの治療法の中心。二種の抗炎症剤(非ステロイド系抗炎症剤、ステロイド系抗炎症剤)と二種の抗リウマチ剤(免疫調節剤、免疫抑制剤)を症状に応じて組み合わせて用いています。

効果が弱めでも副作用のリスクが少ない薬(一般には非ステロイド系抗炎症剤)から投与を始め、段階的に強い薬 (抗リウマチ剤、ステロイド系抗炎症剤)を使っていく「ピラミッド方式」がかつてはスタンダードとされていましたが、関節リウマチの症状の進行に対しては 手遅れになるおそれがあるため、今日では、早期に治療開始時から非ステロイド系抗炎症剤と抗リウマチ剤の免疫調節剤を併用したり、急速に進行する重症型で はさらに抗リウマチ剤の免疫抑制剤やステロイド系抗炎症剤などを複数併用し、まずは症状の進行に待ったをかけ、副作用に注意しつつ、効果が出たら薬の種 類、量、回数を減らしていく「逆ピラミッド方式」あるいは「ステップダウン・複数併用療法」が採用されるようになっています。

リウマチ関係用語ミニ知識 ら行

リウマチ

関節やその周囲の骨などが痛む病気を広く「リウマチ」あるいは「リウマチ性疾患」と呼ぶことがありますが、その中には免疫異常が関与すると考えられるさまざまな膠原病が含まれます。

その膠原病の代表格が狭い意味でのリウマチ、すなわち「関節リウマチ」(Rneumatoid  Arthritis)です(RAと略記されることがあります)。患者数が日本全国に60~70万人、あるいは100万人以上とも推計される、国民病で、発 病のピークは30~50代の働き盛り、女性対男性ではおよそ4対1の割合となります。

症状の経過には、寛解と再発を数年おきに繰り返す単相性型、症状が完全に消えることはないままよくなったり悪くなったりを繰り返しながら進行していく多周期型、2~3年で寛解し再発しない単周期型などさまざまなパターンがあります。

はっきりとした原因は不明で、決定的な治療法も確立されていない難病ですが、年々研究が進み、早期発見と早期治療により、症状の進行を食い止め、寛解に持ち込むことが可能になってきました。バイオ技術を活用した新薬の開発や遺伝子治療などにも期待がかけられています。

リウマチ因子

正式には、リウマトイド因子です。自分の血液成分である免疫グロブリンを抗原とする異常な自己抗体です。抗体は本来、体外から侵人した異物に対するものであり、自己に対する抗体はあってはならない。

自己抗体であるリウマチ因子がなぜできるのかは不明だが、関節リウマチ患者の約7割の人はリウマチ因子が陽性 であリ、発病に深い関与が推察されますが、逆にいえば、約3割はリウマチ因子が陰性であるから、決定的な診断材料とはならないことも確かです。

リウマチ体操

リハビリテーション

理学療法

リハビリテーション

リハビリテーション

関節リウマチの痛みや関節のこわばりをやわらげ、変形を防ぎ、運動機能の維持・向上をはかるために行われる療法。

運動療法(自分で体を動かす「リウマチ体操」などの自動運動、他の人に体を動かしてもらう他動運動、関節は動 かさずに筋肉の緊張と弛緩だけを繰り返す等尺運動)、理学療法(温熱療法、冷却療法、電気療法など)、作業療法(手芸、工作、絵、書道など)、関節を保 護・固定する装具を使った療法があります。

リンパ球

T細胞B細胞