リウマチとキャッツクロー

リウマチとキャッツクロー

リウマチや関節症の痛みを癒すキャッツクロー

ペルーでは、キャッツクローのリウマチに対する効果はインカの時代から知られていたようで、先住民族のアニャンカ族のあいだでは、リウマチや関節痛の生薬として愛用されていました。

現在でもペルーでは、キャッツクローはリウマチの民間特効薬として広く知られています。

このキャッツクローのリウマチに対する効果が注目され、アメリカでは複数の大学や研究所で研究されています。

WHOは1994年ジュネーブ会議でキャッツクローを副作用のない抗炎症剤として公式に認定しました。

その後、EU(ヨーロッパ)では医薬品として販売、使用されています。

リウマチの炎症による痛みはひじょうに強く、たいへんな苦痛をもたらします。

この炎症を抑えることができれば、リウマチの苦しみから逃れることができるわけですが、キャッツクローは抗炎症作用が強く、また鎮痛効果をもっているため、リウマチや変形性関節症の激痛を癒し、動かなかった関節が再び動くようにしていく効果を生み出します。

キャッツクローは抗リウマチ剤や鎮痛剤の副作用を軽減する

現在使われている慢性関節リウマチの治療薬は大きく分類して次の3つがあります。

・抗リウマチ薬

・非ステロイド抗炎症薬

・副腎皮質ステロイド薬

抗リウマチ薬は、免疫に働きかけて炎症を起こさないようにする作用をもち、免疫調整薬と免疫抑制薬とがある。

リウマチが発症する原因となる自己免疫異常をできるだけ正常に戻すように働きかける作用を期待するのが抗リウマチ薬です。

免疫のバランスの崩れを整えたり、異常に強く作用する免疫を抑制したり、現れている症状に応じて、さまさまな抗リウマチ薬が開発されてます。

非ステロイド抗炎症薬は、炎症を抑え、痛みを軽減することが目的の薬剤です。

とくにリウマチ専用の薬ではなく、関節痛や筋肉痛、神経痛などに広く使われています。

種類もさまざまで、内服薬から塗り薬まで症状に応じて処方されています。 副腎皮質ステロイド剤は、炎症や痛みを抑える作用がもっとも強いです。

また、免疫の働きを抑える作用もあるため、リウマチの症状が重いときに使われることが多いです。

しかし作用が強いぶん、必ずのように副作用が出ると考えられています。

抗リウマチ薬や非ステロイド抗炎症薬も、化学的に合成されているため、生体作用とうまく調和しないで、思わぬ副作用が出ることが往々にしてあります。

それに対してキャッツクローの天然成分は副作用がほとんどないのが特徴です。

長い間のリウマチの痛みによって体力が低下している場合にも、からだに穏やかに働きかけ、炎症を鎮め、痛みを軽減させていきます。

また、抗リウマチ薬や抗炎症薬の強い作用によって生じた副作用の緩和にも効果を発揮します。

リウマチとキャッツクロー

リウマチや関節症を癒すキャッツクロー

ペルーの先住民インディオたちは、はるか昔からキャッツクローを関節炎の特効薬として使っていました。

もちろんリウマチという病名もなければ、加齢現象としての変形性関節症という病名もなかった時代ですが、関節が炎症を起こし、痛むとき、キャッツクローの根や樹皮を煎じて飲めば、症状がしだいに消えていくことをインディオたちは経験的に知っていました。

キャッツクローサポートデラックスは「慢性痛やリウマチの激しい痛みが消えた」と言う朗報をもたらしてきている最高品質のキャッツクローです。

リウマチ、変形関節症、関節炎や自己免疫疾患や抗リウマチ剤の副作用に悩んでいる方々にご愛飲いただいております。

キャッツクローサポートデラックスは自然界で植物の有機作用によって合成された天然成分ならではの作用によって、免疫機能を正常に戻し、維持するように働きかけます。

副作用がなくリウマチの痛みを消すことができたらと望んでいる人はキャッツクローポートデラックスをぜひ試してみてください。