妊娠力UPの方法

早く妊娠したいならまずこの方法を試しましょう

「できるだけ確実な方法を知りたいでもできれば医療機関のお世話にならずに自分たちの力で妊娠したい」というのが本音ではないでしようか。

妊娠のために自宅でできるアプローチについてみていくことにしましょう。

「妊娠しないなあ・・・・・」と思ったとき医療機関などに相談する前に、自宅でできることはたくさんあります。

そして、病院の門を叩くのは、そうしたアプローチを十分試してからでも遅くないのです。 自然妊娠したい方のために、「3つの方法」というものがあります。

妊娠したいと思ったらまずは自分の体の妊娠力UPを!

妊娠したいなら、健康なからだが基本です。

その健康は、出産、子育てと将来に向け、毎日の生活にもかかわってくることです。

まずは、快適な毎日を送るために、健康な体作りをしましょう。

そして、そこから妊娠しやすい体作りの要素を生活に取り入れていきましょう。

妊娠しやすい食べ物

①妊娠したいと思ったらまずは食事から

基礎体温表をつけることは、妊娠を望む人にとって、ほかのどんな検査よりも重要です。

基礎体温を測ることは、家庭でできる不妊の検査であり、自分自身が積極的に妊娠にアプローチするためのツールにもなります。

妊娠しやすい運動

②妊娠しやすい運動を

いつまでも元気で若々しい体を保つために、運動は大切な役目をになってます。

適正体重を保つため、体を温めて血行をよくするため、適度にからだを動かすことは妊娠を目指す上でも欠かせません。

リラクゼーション

③リラクゼーション

ストレスから病気になってしまうことも、決して珍しくありません。

不妊の原因はさまざまありますが、ストレスもそのひとつだと言われてます。

ストレスを溜め込まない、上手に取り除くことも、健康なからだを保つ上で欠かせない要素と言えるでしょう。

早く妊娠したいと思う人が多くなってます

今は晩婚化が進み初回の平均出産年齢の平均も上昇しています。

女性の場合35歳をすぎますとそろそろ、妊娠の可能性が下がり始めてきます。

早く妊娠をしたいという場合はやはり肉体的に早いうちから結婚して子どもを作ることを目指す方がいいようです。

ただ、この晩婚化も好きで晩婚化しているわけではなく、社会情勢の変化、経済情勢の変化により、結婚をめぐる環境の変化によるものですし、個人の生き方の問題でもあります。

ちなみに、平均出産年齢の上昇といっても、ピークが2つできていることが特徴になります。

まず20歳代前半のピークと30歳代後半のピークです。

このように見ますと20歳後半から30歳中盤という年齢層が薄くなっているというのが見て取れるのです。

女性の高学歴化、社会進出の活発化によるものであり、先進諸国では同じような傾向がみてとれました。

このような中で、結婚したら早く妊娠したいと思うのは、晩婚であれば、年齢的にもチャンスも少ないという考え方も背景にあるでしょう。

そのためには、夫婦で協力して、妊娠のために頑張っていくことが必要です。

基礎体温をつけ、排卵日を把握すること。

夫に対しても協力してもらいなるべく精子をその日にポイントを合わせ溜めておいてもらうこと。

ただしあまり溜めすぎても、精子が劣化しますので、それほど激しく毎日やりすぎない程度であればいいでしょう。

後は、行為の後は、あまり動かず静かにしておくことです。

マカサポートデラックス

妊娠力UPにマカサポートデラックス

早く妊娠したい方にペルー、アンデス山脈のボンボン高原でとれた天然の純粋100%のマカをおすすめしています。

マカには、必須アミノ酸が多量に含まれています。その中でも特に豊富なのがリジンとアルギニンです。

リジンは「アミノ酸の母」と呼ばれ、 女性が妊娠する生理的な環境をととのえる働きがあります。

また、アルギニンは「アミノ酸の父」 と呼ばれ、男性の生殖細胞の80%を構成 するなどのほか、成長ホルモンに働きかけて女性の若返りを促進するので、この リジンとアルギニンをたくさんとれば、 男女ともに生殖器官の働きが活発になって、精子と卵子が受精しやすい環境がつくられます。

ペルーのアンデス地域でマカを常食している女性は多産であるといわれています。

マカサポートデラックスはたくさんのご夫婦に「赤ちゃん誕生」と言う朗報をもたらしてきているペルー原産の最高品質のマカです。