月経血コントロール

月経血コントロール

子宮まわりをゆるめて妊娠しやすい体に

月経血コントロールとは、生理中に腟の中に経血をためておき、トイレで出すことです。

現代の女性は運動量が減って体の機能が低下し、さらにストレス の多い生活で体はこり固まっています。

体の内側も同じで、子宮まわりもかたく、本来なら経血をた められるしなやかさを持つ子宮や腟もガチガチに。

結果、体は腟囗を開きっぱなしで経血を出さざるをえなくなり、たれ流しの状態です。

月経血コントロールを実践すれば、子宮や腟が本来持つ健康的 な機能をとり戻せます。子宮をやわらかくして、フカフカのベッド で赤ちゃんを迎えましょう。

月経血コントロールを成功させるポイント3

1.気づきを試して 「出る」感覚を知ろう

「出る」感覚を知るために、トイレットペーパー を折りたたむか小さく丸め(これを”気づき”と呼びます)、腟口のひだの部分にはさみます。 経血が出ると気づきに染みるため、出る感覚とタイミングがわかります。

2.「ためる」意識を持ち、時間を決めてトイレへ

「ためる」感覚が身につくまでは、45分~1時間ごとにトイレへ。その間は子宮をゆるめ、経血をためる意識を持ち続けましょう。力を入れて腔口を締めるのではなく、会陰を引き上げるイメージで、やさしく腔囗を閉じておきます。

3.腹圧をかける呼吸法で自力で「出す」

経血を「出す」には腹式呼吸を使います。普通は息を吐くとおなかがへこみますが、ふくらませたまま息を吐きます。そうすることで腹圧が高まり、経血を出しやすくなります。おなかに手を当て、手を押し返すようにブーツと吐いて。

月経血コントロールができるとこんな効果が

1.生理痛がやわらぐ

子宮を収縮させて経血をスムー ズに体外に押し出そうと分泌される物質が過剰に放出され、収縮力が強くなることで生理痛は重くなります。子宮まわりをゆるめることで収縮も適度に。

2.生理が短く終わる

経血をたれ流しにしているときの生理期間は約7日ですが、月経血コントロールで自分で出せるようになると、間隔が短くなり、子宮内に経血が残ることなく、きちんと出しきれるように。

3.生理周期がととのう

月経血コントロールによって子宮や腟を支える骨盤底の筋肉が鍛えられ、内臓が正しい位置におさまります。このことで卵巣の働きもよくなってホルモンバ ランスがととのい、周期も安定します。

会陰引き上げを練習しよう

ふだんから骨盤底にある会陰を引き上げる 練習をしましょう。

会陰の場所は、腟口と 肛門の間にあります。月経血コントロール は、経血をためるために力まかせに腟口を引き締めることではありません。

逆のよう に思えますが、たいせつなのばゆるめる″ こと。体をしっかりゆるめたうえで、締めるのではなく上に引き上げるのがポイントです。

ポーズ①安楽座

1.あぐらをかいて座り、胸とおなかに手を当てる。

2.1のポーズのまま、肛門の5mmほど前にある会 陰(腟囗と肛門の間)に意識を向ける。

3.鼻から息を吐きながら、ハンカチの中央をつ まんで持ち上げるような感党で会陰を引き上げ。 息を吸いながらリラックス。

ポーズ②四つんばい

1.脚は腰幅、手は肩幅に開いて、床に四つんばいになる。このとき、 みぞおちと首は力を抜いておく

2.1のポーズのまま、肛門の5回ほど前にある会陰に意識を向ける。

3.鼻から息を吐きながら会陰を引き上げ、息を吸いながらリラックス。