不妊検査で分かること

不妊検査

必要な不妊検査をきちんと受けるのが、不妊治療の第一歩です

基本の検査には1~数ヶ月かかる

不妊治療の検査では、「低温期」「排卵期」など月経の周期に合わせて、いくつかの検査が行なわれます。 患者さんの体調や都合に合わせて、3周期ぐらいかけて検査することも。

検査と治療は同時進行で

基本検査にある程度時間がかかることもあり、不妊治療では検査と並行して治療を進めます。 一般の病気のように、検査で悪いところを見つけてから治療に入るわけではないのです。

検査の異常=不妊原因とは限らない

検査て異常が見つかったとしても、それが不妊の原因とは限りません。数値に敏感になりすぎず、 日常生活などを見直して妊娠しやすい体づくりをすることもたいせつてす。

基本の検査は生理周期に沿って行います。 月経周期が28日の場合

月経周期が28日の例。人により、周期にはばらつきがあります。 基本検査は月経周期に合わせて進んでいきますが、どの時期からでも始められます。

月経から7日目頃 低温期にする検査

月経が終わって体温が上がるまでの期間。卵巣内で卵胞が成熟し、卵胞ホルモンが分泌されるため卵胞期とも呼ぱれています。 卵管に関する検査は、排卵前のこの時期に行ないます。

・血液検査(ホルモン検査)

・超音波検査

・卵管検査(子宮卵管造影検査、卵管通気・通水検査)

14日目頃 排卵期にする検査

排卵は低温から高温への移行期に起こり、卵胞ホルモンつ分泌がピークに達すると、黄体化ホルモンが分泌され、卵胞から卵子が飛び出します。 この時期は排卵日予測の検査をします。

・血液検査(ホルモン検査)

・超音波検査

・尿検査(LH検査)

・頸管粘液検査(フーナーテスト)

21日目頃 高温期にする検査

基礎体温が高い時期。 卵子が飛び出したあとの卵胞が黄佶という組織になり、黄体ホルモンが分泌されるため、黄体期とも呼ばれます。 この時期には黄体ホルモンの検査を行ないます。

・血液検査(ホルモン検査)

・超音波検査

28日目頃 月経期にする検査

妊娠しないと不要になった子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに体外へ排出されます(月経)。 この時期にホルモンの基礎値をはかったり、超音波で卵巣の予備能力を調べたりします。

・血液検査(ホルモン検査)

・超音波検査

異常が見られたら精密検査へ

・子宮鏡検査

・ホルモン負荷検査

・抗精子抗体検査

血液検査でわかること

治療に欠かせないホルモン値を調べるための重要な検査

血液検査でわかるのは、血中のホルモンの量や甲状腺の疾患、クラミジア感染の有無など。

不妊の原因になるクラミジア感染や甲状腺の疾患があった場合は、その治療が優先されるので、初回に調べるのが基本です。

血中のホルモン量は月経周期内で変わるので、低温期、排卵期、高温期の各期に行ないます。

また、月経が規則的にきている人は、月経2~5日目にも血液検査で卵巣刺激ホルモンや黄体化ホルモンなどの基礎値を調べます。

基礎値は、卵胞が成熟していない&低エストロゲン状態でなければ正確にはかれないため、月経期か低温期に測定するのです。

体外受精に移行するときに調べることが多かった抗ミューラー管ホルモン(AMH)も、最近では早い段階で検査するケースがふえています。

これは俗に「卵巣年齢を知る検査」ともいわれ、卵巣内に卵子がどれくらい残っているのかを判断するもの。

35才以上の人、卵巣の機能低下が疑われる人などには、特に早い段階で行なわれることが多いようです。

かかる時間

1~2分※採血自体は1~2分。結果が出るまでの時間は、クリニックによって異なります。

費用

血液検査の場合、クラミジアや、FSH、TSH、LHなどのホルモン検査は保険適用内で約2000円(AMHは適用外で約8000円)。

わかること

各種ホルモンの数値

卵巣の予備能力

多嚢胞性卵巣症候群

高プロラクチン血症

黄体機能不全

排卵障害の原因

血液検査の数値の意味。

1.FSH

卵胞を発育させる卵巣刺激ホルモン

検査するタイミングなど、いくつかの要因によって数値が変化します。 卵胞が成熟しておらず、エストロゲンが低い状態=月経中のFSH値(基礎値)が重要になります。

数値の見方

基礎値が1けたなら正常。2けただと卵巣機能がかなり弱っていて20以上は要注意(50以上は閉経)。

2.TSH

妊娠初期に特に多く必要となる甲状腺ホルモン

数値が高くても低くても妊振しづらくなるといわれています。 TSHと、やはり甲状腺ホルモンであるFT4の数値をあわせてみると、甲状腺疾患の有無が診浙できます。

数値の見方

TSHは下が0.39以上、上が4.0以内、FT4は下1以上、上4.7以内であれぱ異常なし。

3.LH

排卵の引きがねとなる黄体化ホルモン

成熟した卵胞の排卵を促すホルモン。 加えて、排卵後の卵胞に働きかけて黄体化を促します。 LHの数値が高いと多嚢胞性卵巣症候群の可能性が疑われます。

数値の見方

LHの数値が7以上、さらにLHがFSHの数値より高いと多嚢胞性卵巣症候群の可能性が考えられます。

4.P

黄体ホルモンのプロゲステロン

子宮内膜を、受精卵が着床しやすい状態に変化させる働きのあるホルモン。 高温期に、排卵したあとの卵胞から分泌され、副腎や神経細胞でも少量つくられます。

数値の見方

高温期にはかって、数値が10以上なら正常。10以下だと、黄体機能不全の疑いがあります。

5.AMH

前胞状卵胞を調べる抗ミューラー管ホルモン

発育過程の卵胞から分泌されるホルモン。卵巣の予傴能力がわかります。 胞状卵胞(水がたまった卵胞)になる翦の「前胞状卵胞」がどれくらい残っているかをみます。

数値の見方

2~4あれば間題なし。年齢にもよりますが、1以下だとかなり妊娠能力が低いと考えられます。

ほかにもこんな数値が

E2(エストラジオール)は卵巣内膜を厚くし、排卵前に子宮頸管粘液量を増加させるホルモンで基礎値が50以下なら問題なし。 PRL(プロラクチン)は乳汁を分泌させるホルモンで29以下なら問題なし。

異常が見られた時の血液検査

抗精子抗体検査

フーナーテストの結果が悪い場合に行ないます。 採血した女性の血清の中に抗精子抗体がないかどうかを調べます。 この抗体があると精子の動きを妨げてしまい、不妊の原因に。

かかる時間

1~2分

わかること

抗精子抗体の有無

ホルモン負荷検査

特定のホルモンを注射してから採血し、前後のホルモンの変動を調べる検査です。 基本検査で排卵障害などが見つかった場合、原因をくわしく調べるために行ないます。

かかる時間

約30分

わかること

排卵の有無と排卵障害の詳しい原因

超音波検査でわかること

来診のたびに行なう、治療に欠かせない検査

不妊治療の超青波検査は、内科の聴診と同様の位置づけ。

来院のたびに必ず行なわれるといってもいい、基本中の基本検査です。

検査では、腟に超音波を出すプローブを入れ、モニターに映った画像で子宮や卵巣の様子を確認します。

初診では、子宮の大きさや形態、筋腫、子宮内膜症の有無など、子宮や卵巣に大きな問題がないかどうかをみます。

その後の来院で、月経期に行なう場合は卵巣機能の状態を、低温期には卵胞の発育状態や子宮内膜の厚さを、排卵期には卵胞の大きさを測定し、排卵日を予測します。

高温期には、実際に排卵があったかどうかを確認します。

かかる時間

2~5分

費用

超音波検査は、1ヵ月に保険適用内で行なえる回数が都道府県ごとに決まっています。保険適用内であれば1回あたり約2000円。
保険適用の回数を超えた場合は、クリニックによって全額が異なります。

わかること

初診

子宮の位置と大きさ、子宮筋腫・卵巣腫瘍・子宮内膜ポリープ・多嚢胞性卵巣の有無

低温期・排卵期

各卵胞の発育状態、子宮内膜の形状と厚さ、排卵日の予測

高温期

排卵の有無

月経期

卵巣の予備能力

超音波検査で異常が見られたたら子宮鏡検査

子宮内の状態を内視鏡で観察

超音波検査で子宮内にポリープや筋腫などの異常が見つかった場合に行ないます。

月経終了直後の低温期に腟から子宮内に内視鏡を入れ、モニターで子宮内部の状態、ポリープや筋腫の様子を観察します。

子宮鏡にはやわらかくて細いファイバースコープと、やや太い硬性鏡があり、硬性鏡はポリープや筋腫の切除もできます。

1cm以上のポリープは白然消失する可能性が低いため、硬性鏡で切除するのが一般的です。

かかる時間

約20分

費用

約1万円

わかること

子宮内膜ポリープの有無

子宮粘膜下筋腫の有無

子宮奇形の有無

子宮内腔癒着症など

卵管造影検査

卵管に詰まりや癒着がないかどうかを調べます

カテーテルと呼ばれる細い管を使って子宮の中に造影剤を入れ、X線撮影をします。 卵管が詰まらずにきちんと通っていれば、造影剤は腹腔内に広がります。 卵管がやや詰まりぎみなどの場合、この検査をすることで広がり、検査後に妊娠することも。 造影剤を注入するときに重い生理痛のような痛みを感じることがあるため、検査の前に痛み止めの坐薬を使うこともあります。

かかる時間

10分程度

費用

約6000円

わかること

子宮の大きさ、形状、奇形

卵管の状態、癒着の有無

卵管閉塞の有無と位置

子宮卵管造影検査の代わりに卵管通気・通水検査

子宮内の状態を内視鏡で観察

通気は二酸化炭素や炭酸ガス、通水検査は生理食塩水をカテーテルで卵管に注入し、圧力の変化をみて卵管の通りぐあいを調べます。 ×線撮影の設備がないクリニックで卵管造影検査のかわりに行なわれるほか、造影剤のアレルギーが不安な場合にも。

かかる時間

10分程度

費用

約2000円

わかること

卵管の通り具合

頚管粘液検査

頸管粘液を吸いとって様子を調べ、排卵日を予測

頸管粘液を採取して、量や仲びぐあいを調べます。 頚管粘液の量が少ないと精子が子宮まで入りにくいため、不妊の原因に。 頸管粘液は、排卵日が近づくとより透明で糸を引くようになります。 この性質を利用して、排卵日を予測することも。性交後の頸管粘液をとって精子の数や動きなどを調べるフーナーーテストを兼ねる場合もあります。

かかる時間

数秒程度

わかること

頸管粘液が十分に出ているかどうか

排卵日の予測

セックス後の状態を確認するフーナーテスト

排卵日近くに性交し、3~12時間後の頸管粘液を採取。

頸管粘液の中で動いている精子の数を数え、精子や頸管粘液の異常や、妻に抗精子抗体がないかなどを調べます。
夫が精液検査を行なっていない場合、フーナーテストで代用することも。

黄体ホルモンの濃度を確認する尿検査

尿中のLH濃度で排卵日を予測

排卵はLHが急激に多量に分泌(LHサージ)されて起こるので、尿中のLHを調べて排卵日を予測します。
排卵はLHサージ開始の36時間後といわれますが、尿検査の予測と実際のLHサージとは、4~12時間の誤差があります。

精液検査

射精した精液中の精子で男性惻の不妊要因を検査

3~7日間ほど禁欲してからマスターベーションで精液を採取。精子の量や運動率、奇形率などを顕微鏡で調べます。病院の採精室ではなく自宅で採収した場合は、専用容器に入れて、1~2時間以内に持参。ストレスなど環境の影響を受けやすいので、数回検査することも。

マカサポートデラックス

お客様からのうれしいご報告

約4ヵ月目で懐妊することが出来ました!!

茨城県神栖市 たるる 27歳

不妊治療を継続していた中、少しでもサポートになればいいなと思ってマカサポートデラックスに辿り着きました。

最初は半信半疑からでしたが、フルタイムで疲労もストレスも酷く安定しなかったガタガタの基礎体温も整い、旦那と1回2粒を朝夕続け約4ヵ月目で懐妊することが出来ました!!
本当に有難うございました!!