女性ホルモンを増やす方法

ご購入理由ベスト3

お客様の声が多い
同じ悩みを持った人の体験談があるので勇気づけられる

夫婦で飲める
まとめ買いがあるので夫婦で飲める。夫婦仲が良くなる

友人の紹介
マカで妊娠した友人から勧められて私も購入しました。

キャンペーン一覧

携帯サイト

モバイルサイトは携帯電話でご利用できます [URLを携帯に送信]

女性ホルモンは女性の「キレイ」と「元気」の素

女性ホルモンには大きく分けてエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、生理を区切りとして二つのホルモンがふえたりへったりを繰り返して、生理のリズムがつくられています。

2つのホルモン変化で起こる、好調期と不安定期

月経後に分泌が高まるエストロゲンは、妊娠させやすいように子宮に卵巣の働きを高めるホルモンです。皮膚にかかわる細胞のほとんどを活性化させる作用をもっているので、月経直後の肌は張りとつやが出てメイクのノリもよくなります。

また髪の成長を促したり、皮下脂肪の細胞を抑えたり、気分を明るくし、記憶力を維持する作用もあります。さらに骨を強くしたり、コレステロールの蓄積を防いでくれるのもエストロゲンの働きです。女性の健康をさまざまあな形で守ってくれるホルモンなのです。

一方、排卵後から分泌が高まってくるプロゲステロンは、受精卵が着床しやすい状態になるようにはたきかけるホルモンです。妊娠した時には、胎児と母体を守る大切な働きをしてくれます。

女性にとって重要なホルモンを出しているのは卵巣です。その卵巣に「ホルモンを出しなさい」と命令しているのが、脳にある視床下部です。ですから、ストレスや環境の変化などにより脳機能が影響を受けると、女性ホルモンのコントロールにも影響が表れ、月経周期が乱れたり、月経が止まることもあります。

月経が止まるということは女性の体の健康と美しさを支えるエストロゲンの分泌が急激に低下していることを意味します。さらに妊娠しにくい原因になったり、骨粗鬆症になる可能性も高くなります。自分の体のリズムを知り、自己管理していきましょう。

女性ホルモンは自分で調整できる?

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは脳の視床下部によってコントロールされ、卵巣から分泌されています。自分の意思とはまったく関係なく分泌されるため、基本的に意識的に調整することはできません。

ただし、脳の視床下部というところは女性ホルモンだけでなく、自律神経の働きも司っているので、自律神経のバランスが崩れるとその影響を受けてしまうことがあります。逆に言えば、ホルモンバランスが乱れている場合、自律神経の乱れを治すことで女性ホルモンの分泌も正常な状態に近づけることもあります。

自律神経のバランスが崩れる原因として、生活のリズムの乱れ、ストレス、環境の変化、過度なダイエットなどが挙げられます。全体的に体調がすぐれないなら、これらを改善するように努めてみましょう。

また、恋によって肌がきれいになるといわれるのは、ホルモンが多くなったからというわけではあ
りません。自律神経のバランスがよくなり、血流がよくなったりするためだと思われます。

女性ホルモンカを増やす食事

女性ホルモンの材料となるのはタンパク質とコレステロールです。

ホルモンバランスを崩している人にはタンパク質をとっていない人が多く、太るのを気にして低コレステロールのものばかりを選んでいる人が多いので女性ホルモンの材料をきちんと体に入れることが大切です。

また、ストレスを受けると女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。

ストレスを感じたら、抗ストレス作用のあるビタミンCの摂取も大事です。タンパク質の主菜とビタミンCの補給源となる副菜を意識する食事をすることが女性ホルモンカを増やすことにつながります。

@タンパク質&ビタミンDがたっぷりの「主菜」

主菜になるお皿には女性ホルモンの材料となるタンパク質が豊富な肉、魚、卵を交互に。特にビタミンDたっぷりの鮭はお勧めです。タンパク質の主菜とビタミンCの補給源となる副菜をとることが女性ホルモン力を上げることにつながります。

 

AビタミンCを補給する「副菜」

副菜として野菜を添えてください。タンパク質のお皿にボリュームがあるのであっさりしたものを。野菜で作る副菜からはビタミンをとります。ストレスを受けるとホルモンのバランスが崩れやすくなるのでストレスを感じたら抗ストレス作用のあるビタミンCの摂取も大事です。

 

Bお米を選んで量は控えめに「主食」

主食はめんやパンなどの小麦製品よりお米がベターです。できれば玄米や五穀米などを選び、量は控えめに。

 

 

C冷えとり&イソフラボン補給する「スープ」

水溶性のビタミンを余さずとり、体を温める汁ものを。豆腐のお味噌汁なら大豆イソフラボンも補給できます。大豆イソフラボンは植物性エストロゲンとも呼ばれ女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をするといわれています。

7つの女性ホルモンを増やす日常生活

自律神経もホルモン分泌も、自分ではコントロールできませんが、女性ホルモンのバランスをととのえるコツはあります。それは、毎日の生活を規則的にしてリズムをつくること。運動や休息とり
いうメリハリのある生活が大事です。 

@起きたらカーテンをあけて朝日を浴びましょう

基礎体温をはかって起き上がったら、日の光を浴びて一日をスタートしましょう。伸びや軽いストレッチをして、体を目覚めさせよう。朝の習慣がリズムのある生活の第一歩になります。

A毎日同じ時間にやる日課をつくる

いつも同じ時間に起きる、朝食を食べる、散歩やラジオ体操をするなど、毎日の日課をつくりましょう。それが生活にリズムをつけます。

B体を動かして適正体重をキープしましょう

太りすぎもやせすぎも、排卵しにくい原因になることが。簡単な筋トレや運動をすることで筋肉がついて、冷えの解消にも役立ちます。

C余力があれば、とにかくウォーキング!

赤ちゃんができたら育児にも体力が必須です。今から体を鍛えておこう。目標は1日1万歩を歩くことをこころがけましょう。ただし「やらなくては」とストレスになると逆効果です。休んでもいい、と気楽に続けるようにしましょう。

D極端に脂肪を控えた食生活は要注意

ホルモンの原料はコレステロール、つまり脂肪です。脂肪が不足するとホルモンの分泌が悪くなったり、ホルモンそのものがつくられないおそれがあります。

E睡眠のゴールデンタイムを確保する

夜10時から午前2時は、成長ホルモンをはじめ、女性ホルモンや自律神経にかかわるさまざまなホルモンの分泌がピークになります。この時間はしっかりやすみましょう。

Bパートナーとふれ合いましょう

妊活で最も大事といえるのが、パートナーとの関係です。妊活をどう進めるか、どんな家庭にしたいか話し合っていくことは、心の冷えの防止にもなります。

お客様のうれしいご報告

高校生時代の過度のダイエットがたたり、摂食障害にかかり、その時のいろいろで体がボロボロになりました。冷え性はもちろん、生理痛で毎日痛み止めの薬を飲むのは当たり前だったし、同じくホルモンバランスの関係なのか生理前になると胃も痛み出す。さらに体脂肪計で体内年齢を計ったところ実年齢プラス25歳という、あるまじき年齢で、周囲から「まだまだ若いんだから!」といわれる度に心が沈みました。

若返りに効くといわれて「コエンザイム・・・」を3ヶ月ほど飲んでみても一向に変らず、他に何かいいサプリメントはないのか?とネットで「女性ホルモン」で検索した時、たまたまアソシエのマカにたどり着き、注文をしました。始めは1回に2つずづにしました。するとどうでしょう。飲んで3日もたたないうちに、気力が充実し、元気がでてきました。しかし、暫く飲み続けると効き過ぎたのか体調を崩したので、1回に1つずつにしました。

それから地道に飲み続けて2ヶ月目の生理の時期、今まで必ず胃が痛んでたのがなくなり、なおかつ生理痛が大丈夫になりました!それに一番驚いたのは、体内年齢が4才も若返ったことです!!本当に嬉しく思いました!このまま飲み続けて、ホルモンバランスを正常にし、体内年齢も正常にしていきたいです。 

マカは女性ホルモンを増やすに最適

マカは女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンの分泌を促進するはたらきがあります。エストロゲンは、女性にとって重要なホルモンです。
また、マカが含有する必須アミノ酸、ミネラル等の有効成分が脳下垂体にやさしく働きかけることで体内で必要なホルモンを作る助けをするのだといわれています。

ネズミを使った実験の結果では、女性ホルモンの分泌量はマカを食べさせたマウスの方が、マカを食べなかったマウスよりも、およそ2.4倍も高いことが分かったのです。

さらにマカには女性ホルモンを増やす方法働きもあります。つまりマカが体に浸透してくるとホルモンの過不足が調節され、人間本来の持つべき最適な女性ホルモンバランスに近づきます。