更年期障害

知っておきたい更年期のこと

「閉経」が近づくと、規則的に分泌されていた女性ホルモンが除々に減少します。それにより心も体もバランスを失い、さまざまな不調に悩まされることもあります。閉経の前後を「更年期」と呼びます。誰もがむかえる更年期について知りましょう。

更年期障害の原因は?

加齢とともに除々に月経周期が乱れて不規則になり、やがて完全になくなって「閉経」をむかえます。閉経の時期は人によって違い、日本人の平均的な閉経年齢は50歳ごろです。閉経をはさんだ前後10年間を「更年期」といいます。

更年期になると個人差はあるものの、のぼせや不眠、イライラ、めまいなど、さまざまな不快症状があらわれます。

更年期症状の主な原因は、ホルモンバランスの乱れです。閉経が近付くと、脳の視床下部からの指令を受け、規則的に分泌されていた卵胞ホルモン(エストロゲン)が、卵巣機能の低下により分泌されなくなるため、エストロゲンを分泌させようと脳から卵胞刺激ホルモン(FSH)が過剰に分泌されるために起こります。

更年期と更年期障害

更年期でも、ほとんど不快な症状がなく軽い人もいれば、重い症状に悩まされる人もいます。症状が重く、日常生活が困難になり、治療が必要な状態を更年期障害と呼びます。更年期を迎えた女性のうち、更年期障害と診断される人は2〜3割。几帳面で完璧主義の人ほど症状が重くなる傾向があるようです。症状が重くなる前に婦人科などで相談してください。

更年期のおもな症状

症状の出方や強さは人それぞれに違います。なかにはまったく症状の出ない軽い人もいます。

●ホットフラッシュ

更年期障害としてよくみられるのが、ほてりやのぼせ。特徴的なのは、ホットフラッシュと呼ばれる、突然顔がカーッと熱くなる症状です。大量の汗をかく人もいます。

●冷え

とくに下半身の冷えや、顔はほてっているのに下半身が冷えている「冷えのぼせ」が多い。

●めまい、耳鳴り

フワフワ浮いているいるように感じるめまいを起こす人が多い。

●その他の症状

・肩こり、腰痛、関節痛  ・動悸、息切れ ・頭痛 ・皮膚の乾燥、かゆみ ・頻尿、尿漏れ ・疲労感、つかれやすい ・不眠、寝つきが悪い ・イライラ、憂鬱 ・不安感、気分の落ち込み ・口の中が乾く ・物忘れ ・手足のしびれ ・食欲不振、吐き気 ・便秘、下痢 ・性交痛

更年期症状を快適に過ごすために

更年期のつらい症状は、起こったとしてもやがておさまります。日ごろから心がけられること、治療法などを知り、少しでも快適に乗り切る工夫をしましょう。

生活習慣の見直し

不調を改善するのに生活習慣の見直しはかかせません。更年期症状も同じです。バランスの良い食事、適度な運動、規則正しい睡眠がとれるように心がけましょう。また趣味などを見つけるのもおすすめです。

ダイエットやストレス、過労、激しい運動、喫煙は症状を悪化させます。

アロマテラピー

アロマテラピーは更年期症状を軽くします。
香りは臭覚を通して、脳を直接刺激します。また、花や木の芳香成分を抽出した精油には、植物自体が持ついろいろな薬効も期待できます。
特に、うつ気分の改善に効果を発揮するようです。ラベンダー、ベルガモット、ローマンカモミール、ローズ、イランイランなどが抑うつ不安などの心の症状に効果があるようです。自分の好みに合ったものを使いましょう。

ホルモン補充治療(HRT)

更年期障害の治療法として、世界中で広く行われている方法です。減少するエストロゲンなどのホルモンを少量補って、症状を緩和させるというものです。この時期の不調を効果的に改善できる治療法ですが、乳がんや脳卒中になるリスクがあるなどの副作用のイメージが先行して、日本のHRT普及率は低いのが現状です。

医師とのコミニケーションを密に、定期的な検診を行いながら治療を進めていきます。

マカ

閉経は、卵巣からの排卵が終わることで、排卵を誘発する女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなって起こります。マカにはエストロゲンの分泌をうながし、排卵異常を改善して更年期障害の症状を緩和する効果があります。