子宮形態異常

子宮形態異常

子宮のかたちが生まれつき、変わっている状態。

これは珍しいことではなく、全女性の約5%になんらかの形態異常が見られるといわれています。

通常の子宮は、洋梨を逆さにしたようなかたちをしており、中は空洞で、左右に卵管が仲びています。

形態異常には、卵管が1つしかなかったり、子宮が2つに分かれたりしているなど、いろいろなパターンがあります。

子宮の形態異常が問題になるのは、そのかたちや程度によって妊娠や出産に影響をおよぽす場合です。

受精卵の着床を妨げたり、胎児の位置異常を引き起こしたり、流産や早産の原因になったりします。

また、胎児が逆子となり、帝王切開が増えます。

そうはいっても、まったく問題なく妊娠、出産をする人も少なくないので、とくに支障がなさそうなときは治療を行わず、まず自然妊娠を待ちます。

子宮形態異常の症状

痛みなどの自覚症状はほとんどないのがふつうで、性交にも支障はありません。

ただし、形態の種類によっては月経血がスムーズに流れず、月経痛や下腹部痛に悩まされることがあります。

子宮形態異常の原因

子宮は、胎児期にミュラー管という器官が左右からくっつくかたちで形成されます。

この過程でなんらかの問題が起こり、発育が途中で中断されたと考えられています。

子宮形態異常の検査・診断

子宮形態異常の検査・診断

子宮のかたちは外からではわかりませんが、内診、超音波検査、子宮鏡検査、子宮卵管造影検査などでわかります。

婦人科検診などで、偶然に見つかることが多いようです。

子宮形態異常の治療

子宮形態異常の治療

症状がなければ、とくに治療は必要ありません。

しかし、それが明らかに不妊や流産の原因になっているために治療を望む場合は、子宮を正常なかたちに整える手術を行うことになります。

子宮の形態異常が見つかると、不安になるでしょうが、治療に関しては医師と相談して、必要かどうかを判断するとよいでしょう。