抗精子抗体

抗精子抗体

精子に対して免疫機能が働き、からだへの進入を阻止する抗体ができてしまう状態

免疫機能は、体内に侵入したウイルスや細菌からからだを守るために働く生体防御反応で、いわゆるアレルギー反応のことです。 

抗体は通常、からだにとって有害なものを異物と判断して、排除、抑制するものです。

厳密には精子も異物ですが、からだにとって悪いものではないので抗体をつくることはありません。

ところが、困ったことに抗精子抗体をつくってしまうのです。 抗精子抗体をもつ女性は、不妊患者さんの数%に見られます。

抗体ができると、次に腔内射精をしたときに、精子に抗体が結合して、その勣きを止めようとします。 その結果、精子は排除されたり、受精能力を失ったりして、妊娠を困難にさせるのです。

抗精子抗体の症状

抗精子抗体をもっていても、とくにこれといった自覚症状はありません。

そのため、検査で抗体が見つかるまで、気づくことなく生活しています。

抗精子抗体の原因

精子をなぜ異物と認識してしまうのか、原因はわかっていません。

アレルギー体質の人がなりやすい、という説もあるようです。

抗精子抗体の検査・診断

抗精子抗体の検査・診断

抗精子抗体の有無は、血液検査で調べます。

一般には、精液検査で精子の運動性に問題がないにもかかわらず、フーナーテストで精子の動きが悪いときに、抗精子抗体を疑って血液を調べることが多いようです。

なお、抗体の数値は一定ではないので、正確に把握するために、検査は何回か行われることがあります。

抗精子抗体の治療

抗精子抗体の治療

抗精子抗体があっても、とくに生活面に支障はありませんし、抗体体を取り除くことはできないので、治療法はありません。

抗体がそれほど強くなければ、自然妊娠や人工授精が可能な場合はありますが、体外受精が必要な場合も少なくありません。

そのため、最初から体外受精や顕微授精になるケースもあるので、医師とよく相談して、不妊治療を進めましょう。

男性にも抗精子抗体ができる

抗精子抗体は、女性だけでなく男性にもつくられることがあります。

ひじようにまれなケースですが、自分の精子を異物と判断してしまう自己免疫反応で、精巣などに外傷を受けたことが原因になるようです。

抗体があっても精子はつくられますが、動きは悪く、セックスをしても女性の体内で死んでしまいます。

治療が困難なため、妊娠を望む場合は体外受精や顕微授精を行います。