精子無力症

精子無力症

精子の運動率が極端に低い状態

正常な精子の運動率の基準値は、直進運動率が40%以上なので、それ以下なら動きの悪い精子と見なされます。

精子の動きが悪いと、子宮を通って卵管まで自力で移動できないので、自然妊娠はむずかしくなります。

精子無力症の症状

自覚症状はなく、不妊治療の検査で初めて指摘されます。

精子無力症の原因

原因がわからない場合が多いのですが、そのほとんどは先大的なものと見られています。

後天的な原因としては、耳下腺炎性精巣炎、前立腺炎、精索静脈瘤、過度の喫煙などが挙げられます。

精子無力症の検査・診断

精子無力症の検査・診断

精液検査で、精子の運動率を調べます。 乏精子症と同様、1回の検査で判断することはなく、何回か調べます。

また、精子の形態異常がないか、精子尾部検査で調べることがあります

精子無力症の治療

精子無力症の治療

精子無力症を引き起こすような病気があれば、まずその治療を優先して行います。

精巣や前立腺などの炎症には、抗生物質を服用して改善するのを待ち、精索静脈瘤があれば手術を行います。

また、軽度の精子無力症なら、乏精子症と同様の薬や漢方薬を用いて様子を見ることになります。

しかし、中等度以上では自然妊娠がむずかしいので、人工授精や体外受精、顕微授精が行われます。

妊娠しやすい

お客様からのうれしいご報告

後は無事に生まれるのを待つだけです。

大阪府大阪市 匿名希望 25歳

こんにちは。男性不妊でなかなか妊娠せず、専門の病院にいこうかと思っている時に、こちらのマカに出会いました。

飲んで半年、病院に検査にいくと平均数値になっていました。 その月に無事妊娠いたしました!!

今は、安定期の5ヶ月に入りました。 後は無事に生まれるのを待つだけです。

本当にありがとうございました。 またよろしくお願いします。