卵巣機能不全

卵巣機能不全

卵巣本来の働きが正常に行われなくなった状態

卵巣のおもな役割は、卵胞ホルモン、黄体ホルモンという女性ホルモンを分泌して、卵子を育て排卵させることと、子宮内膜を着床可能な状態に整えることです。

とくに、月経周期をつかさどるホルモンが正常に分泌されないと、卵巣がうまく機能しなくなり、その結果、排卵にも影響をおよぼします。

卵巣の働きが完全に悪くなる機能不全におちいると、無月経・無排卵になり、不妊の原因になります。

卵巣機能不全の症状

女性ホルモンが正常に分泌されないため、月経が乱れやすい、妊娠していないのに月経が来ない、月経以外の不正出血が見られるなど、症状はいろいろです。

肩こり、頭痛、ほてり、イライラなどの症状に悩まされる場合もあります。

卵巣機能不全の原因

卵巣の機能は、それ自体だけでなく、脳の下垂体や視床下部の連携によって働くため、この3つのいずれかまたは複数に問題が生じていると考えられます。

卵巣側では高年齢などが、下垂体側では機能低下や下垂体腫瘍による圧迫が、そして視床下部側では無理なダイエットや肥満、精神的なストレスなどが、おもな原因として挙げられます。

また、甲状腺の異常や高プロラクチン血症などによっても、起こる場合があります。

卵巣機能不全の検査・診断

卵巣機能不全の検査・診断

尿中や血液中の女性ホルモン値、子宮内膜組織、頸管粘液などを調べます。

また、基礎体温表が異常なグラフを示しやすいので、自分でも気づくことがあります。

卵巣機能不全の治療

卵巣機能不全の治療

まずは原因を除去するための治療が必要ですが、軽症の場合は、卵巣機能の改善目的で排卵誘発剤などを使ったホルモン療法も行います。

症状が重くなると治療が困難になる場合があるので、なんらかの症状が見られたときは早めに診察を受けることが大切です。

妊娠しやすい

ご愛用者の声

不定愁訴が和らぎ、生理も順調にきています。

宮城県仙台市 匿名希望 35歳

今年明けてから、生理不順になり、次々と不定愁訴、(冷え性、肩・首こり、不眠、動悸、うつ状態)が出始め、婦人科にて検査した所、「卵巣機能不全症(若 年性更年期障害)」と診断された。

その後、ホルモン補充治療が始まるものの、副作用がひどく、続けていく自信がなかった時、「マカサポートデラックス」に 出会い、 まずは、1ヵ月飲み続けてみました。

飲み始めた頃は、胸のはりを感じたりしましたが、不定愁訴が和らぎ、生理も順調にきています。

これからも飲み続けていきたいと思っております。