子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜様組織が、子宮以外の場所に付着して増殖する病気。

子宮内膜は、本来なら子宮の内側にある数mm程度の薄い膜で、月経周期の女性ホルモンの影響を受けて1cm前後まで増殖し、受精卵が着床しやすい状態にします。

その後、妊娠しなければ、厚くなった子宮内膜ははがれ落ちて、月経血として体外に排出されます。

子宮以外でこの子宮内膜症が多く発生するのは、卵巣や卵管、腹膜、直腸など、骨盤内の組織や臓器です。 まれに、肺に発生することもあります。

このような場所でも、子宮内膜様組織は月経周期に合わせて増殖や剥離を繰り返しますが、はがれた組織は、腟のような出口がないので、その場にたまってしまいます。

そして、周囲の組織や臓器と癒着していき、さまざまな症状を引き起こすのです。 月経がある女性なら、誰でも子宮内膜症になる可能性はあります。

30代に多いのですが、最近は20代の若い人にも増えていて、閉経まで治らないといわれています。 子宮内膜症があると必ず不妊になるわけではありませんが、放っておくと症状は悪化します。

そうなれば不妊原因になるので、早期に治療を受けることが大切です。

子宮内膜症の症状

病巣が小さい初期のうちは、自覚症状はないのですが、やがて月経痛に悩まされるようになります。

しかも、月経のたびに組織がはがれて病巣が拡大し、痛みもしだいに強くなるのが特徴で、ひどくなると寝込んだり、発熱や嘔吐を伴ったりします。

また、周囲の組織や臓器と癒着して、その部分が引きつれたりねじれたりすると、月経時以外でも腹部や腰に痛みを感じるようになります。

場所によっては、性交時にペニスを挿入して力が加わることで、性交痛を感じるケースも少なくないようです。

このほかに、直腸や膀胱に発生した場合は、下痢や血便、血尿などが見られることがあります。 その一方で、痛みがあまりない大もいて、症状については個人差が人きいのです。

子宮内膜症の原因

子宮内膜様組織が別の場所に発生する原因は、はっきりとわかっていません。

子宮内膜を含んだ月経血が逆流して、子宮以外の場所に飛び火するという説が有力ですが、妊娠、出産による月経の中断期間が短いことや、環境ホルモンの影響という説もあります。

子宮筋腫の検査・診断

子宮内膜症の検査・診断

内診、超音波検査、直腸診、血液検査のほか、チョコレート嚢腫が疑われるときなどはMRI検査を行います。

これらの検査である程度は診断が可能ですが、確定診断をするには腹腔鏡検査を行います。

子宮筋腫の治療

子宮内膜症の治療

治療法には、薬物療法、手術療法、対症療法があり、どれを選ぶかは患者さんの年齢や症状、妊娠に対する考え方によって異なります。

不妊治療を希望していても、状態によっては子宮内膜症の治療を優先させたり、体外受精を試みたりするケースなど、その人に合った治療方針を決める必要があります。

医師とよく話し合い、納得して治療を受けましょう。

チョコレート嚢腫

子宮内膜症が卵巣内に発生すると、血液が卵巣内にたまり、チョコレートのようなトロトロした液を含む嚢腫ができることがあります。

嚢腫が大きくなると、卵巣が5cm以上にはれることがあります。

そのまま放置すると破裂することがあり、その場合は激痛に襲われます。

こうなると、卵胞の発育にも悪影響をおよぼすうえ、まれに卵巣がんに変化する危険もあり、手術が必要になります。

妊娠しやすい

お客様からのうれしいご報告

授かりました!

北海道札幌市 雪だるま 28歳

結婚してすぐ赤ちゃんができると思っていましたが、2年たっても一向にその兆候がなく心配になり夫婦で受診したところ、主人は精子の数が通常の5分の1ぐらいしかない事がわかりました。

おまけに私も子宮内膜症と診断されダブルショックでした。

不妊治療を受けるかどうか迷っていたとき、母からちょっとためしてみたらとマカサポートデラックスを勧められました。

夫婦でだめもとと思い飲みはじめて2週間ぐらいで主人の体調が良くなり肩こりが和らいだと喜んでおりました。

8ヶ月ぐらいたったころから、私も冷え性でしたが、なんだか体が温かくなるのを感じ、生理も順調で基礎体温もとても規則正しくなって読みやすくなってきたころ授かりました。

信じられませんでした。その後も夫婦で健康維持のため飲み続けています。