多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群は排卵が起こりにくくなる

卵巣内に、嚢胞という小さな袋がたくさんできてしまい、排卵が起こりにくくなる状態です。

英語名を略して、「PCOS」と呼ばれています。

なんらかの原因で排卵が起こらなくなると、通常は黄体から自体に変化したあとに消滅する卵胞が、卵巣内にたまって嚢胞になります。

これがたくさんできてしまうと、卵巣は大きくはれ、卵巣の表面の膜は厚くなり、ますます排卵しにくくなります。

多嚢胞性卵巣症候群の症状

排卵しにくくなることで、月経不順や無月経になります。

卵胞ホルモンの分泌異常で、月経過多やタラタラとした出血が起こることもあります。

また、男性化といわれる多毛(鼻の下やすね)やニキビ、肥満などの傾向が見られます。

多嚢胞性卵巣症候群の原因

原因は解明されていませんが、ホルモンバランスの乱れや卵巣の代謝の悪化、遺伝などの説があり、Ⅱ型糖尿病、肥満のリスクがあります。

また、近年、PCOSは増加傾向にあることから、食生活の乱れやストレスがホルモン分泌に悪影響を与えているとする説もあります。

多嚢胞性卵巣症候群の検査・診断

多嚢胞性卵巣症候群の検査・診断

おもに、超音波検査や血液検査で診断がつきます。 卵巣内を超音波検査で観察すると、内部にたくさんの小さな卵胞や、表面近くにネックレス状につながった嚢胞が見えるのが特徴です。

また、血液検査でホルモン値を調べると、卵胞刺激ホルモン(FSH)は正常値なのに黄体化ホルモン(LH)が高値を示すほか、男性ホルモン(テストステロン)値も高くなります。

このほか、卵巣の組織をとって調べる腹腔鏡検査や、ホルモン分泌の変化を調べるホルモン負荷試験を行うことがあります。

多嚢胞性卵巣症候群の治療

多嚢胞性卵巣症候群の治療

ホルモン剤などを使って排卵を刺激したり、ホルモンバランスを整えたりしていきます。

通常は排卵誘発剤を使いますが、卵巣がはれたり、腹水がたまったりする卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を起こしやすいので注意が必要です。

排卵をしやすくするために、腹腔鏡を使ってレーザーメスで卵巣の表面に傷をつける外科的治療法もありますが、一時的によくなっても効果が続かない場合も多く見られます。

妊娠しやすい

お客様からのうれしいご報告

本当に心から感謝しております!

福岡県糸島郡 匿名希望 24歳

数年前に、「PCO(S):多嚢胞性卵巣症候群」と診断され、薬でしばらく治療し、一時期改善していました。

でも、不正出血が2007年の冬辺りから、時々あり、今年の5月から、1ヶ月間は毎日出血が続いていました。

時々吐き気や体調不良等の症状もあり、医師に診断してもらったところ、「無排卵の可能性がある」と言われました。

「排卵してかもしれないないなんて・・・」と、とても落ち込み、子供が産めなくなってしまったら・・・・と本当に悲しい気持ちになりました。

「マカサポートデラックス」をネットで見つける事ができ、多くの方の体験談を読んで、「これなら効きそう」と即注文しました。

なんと飲んだ翌日から、1ヶ月以上止まらなかった不正出血がなくなり、飲み始めて1ヶ月近くなった頃に、自然に生理がきました! その効き目に驚いた事と、本当に心から感謝しております!

同じように悲しい思いや、苦しんでいらっしゃる方にも是非試していただきたいですね!