妊娠中後期

妊娠中後期

安定期に入るからお出かけもしやすい。

おなかのふくらみが目立ち始め、バストサイズもアップ。

腰痛やむくみなどのトーフブルも出てくるので、しっかり対策を。

胎動を感じるようになると、妊娠の喜びをさらに実感できるはず。

妊娠5ヶ月 16~19週

女性の体の変化

おなかやバストが少しずつ目立ち始めてきます

体調が落ち着いている時期。食欲が戻るので、 体重が増加し始める人も多いでしょう。

おなかの赤ちゃんはぐんぐん大きくなり、ママの おなかは外から見てもはっきりとふくらみがわかるように乳腺が発達するので、乳房も 大きくなります。

妊娠前のブラジャーではきついと感じたら、マタニティ用に付け替えましょう。乳腺の発達を妨げないようにしましょう。

安定期なので適度な運動を始めてもOK。

お産に使う筋肉が鍛えられる上、急激な体重増加を防ぐのにも効果的です。始めるときは医師に相談しましょう。

お腹の赤ちゃんの状態は

手足の動きがますます活発になり五感も発達してきます

皮膚を保護するために、全身に胎毛と呼ばれる産毛が生えてきま す。

また、髪の毛やまゆ毛も生え始める時期。

手足の動きがどんどん活発になり、視覚や聴覚などの五感も発達してきます。

身長:約25cm
体重:約280g

この時期にやっておくこと

戌の日に安産祈願へ

妊娠5ヵ月目の戌の日には、水天宮などで安産祈願をする人が多数です。夫婦や家族で出かけるといい記念になります。

胎動を感じ始めたら胎教もスタート!

おなかの中で赤ちゃんが勳く「胎動」を感じたら、やさしくなでたり話しかけたりしてみましょう。パパにもできるので一緒に始めてください。

母親学級や両親学級に参加してみる

妊娠中の体の変化やお産の流れ、育児についての知識がえられる貴重な場です。パパにも妊娠・出産について知ってもらういい機会です。

この時期に準備するもの

妊婦帯

大きなおなかをしっかり支えてくれる優れものです。

マタニティワンピース

マタニティワンピで妊娠中も女子力アップ

妊娠6ヶ月 20~23週

女性の体の変化

胎動は赤ちゃんからの元気に育ってるよのサイン

子宮の大きさは約20cm。おなかのふくらみがこっきり目立つようになります。

乳房もさら 、さらに大きくなり、乳首から薄い乳汁が出ることもあります。

また、このころにはほとんどの人が「胎動」 も感じるようになります。胎動は赤ちゃんがおなかの中で元気に育っている証拠です。

赤ちゃんの動きに合わせておなかを触ったり話しかけたりして、赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょう。

子宮が大きくなるのに 咄い、下半身の血行が悪くなります。腰痛や 静脈瘤などのトラブルが出やすくな るので、血行促進を心がけてください。

お腹の赤ちゃんの状態は

羊水の量が増え、赤ちゃんは活発に動き回っています

顔や体はまだしわが多いけれど、骨格や筋肉、神経が発達してきてますます入らしくなります。

羊水の中で活発に動くので「逆子」と診断されることもありますが、この時期はまだ心配いりません。

身長:約30cm
体重:約700g

この時期にやっておくこと

会社に産休&育休届を提出

産前産後休暇を取る場合は、早めの報告が必要。会社によっては「産休届」や「育児休業届」 を提出する必要があるので事前に確認を。

食欲がアップして体重がぐんと増加!体重管理をしっかり

体重が最も増えやすい時期。ママと赤ちゃん の健康を守り、お産を楽にするためにも体重管理が必須です。食事日記をつけるのも手です。

この時期に準備するもの

マタニティパジャマ&リラックスウェア

妊娠中から授乳期まで長く使えるので早めに準備するのがお得です。

マタニティ用ボトムス

妊娠中のおしゃれに必要不可欠なのは着回しのきくボトム

妊娠7ヶ月 24~27週

女性の体の変化

おなかがぐっと成長!早産にならないように気をつけて

おなかは前にぐんとせり出して、おへその上のほうまでふくらんできます。

大きなおなかを支えるため、腰や背中に負担がかかり、痛みを感じる場合も。

転倒する危険性もあるので注意しましょう。また、この時期はおなかの張りを感じることがあります。

1日に数回 程度で、少し休めば治まるようなら心配なし。休んでも張りが治まらない、1時間に何度も 張る、などの場合は、すぐに病院に連絡しましょう。

この時期の赤ちゃんは、体の器官がまだ未熟。早産にならないように、無理のない生活を心がけましょう。

お腹の赤ちゃんの状態は

皮膚や聴力が完成してますます入らしく

皮膚が厚みを増してきて、ほぼ完成。この月の終わりごろには、くっついていたまぶたが離れ、目を開けられるようになります。

鼻の穴が貫通し、聴力が完成してくるのもこのころ。ママの声もちゃんと聞こえてきています。

身長:約38cm
体重:約1200g

この時期にやっておくこと

体調がよければ旅行など夫婦の思い出づくりを

産後はしばらく、旅行やレジャーを楽しむ時間がなかなか取れません。

妊娠経過に問題がなければ、思い出づくりに出かけるのも。

歯科健診や虫歯の治療

妊娠後期になると、治療であお向けの姿勢をとるのがつらくなります。虫歯がある人は体調のいい今のうちに治療しておきましょう。

ベビー誕生後の部屋づくりを始める

昼間赤ちゃんが過ごす部屋や、夜のねんねスペースなど、赤ちゃんを迎える部屋づくりをスタート。ベッドか布団かも考えましょう。

この時期に準備するもの

授乳口つきトップス

1枚でも重ね着にも使える万能トップスは産後まで大活躍です。

ベビー肌着

出産前に用意しておきたいベビーの基本アイテム

妊娠8ヶ月 28~31週

女性の体の変化

安産・難産の分かれ道! 体重管理は最後までしっかり

胎動が最も激しくなり、痛みや不快感を覚え ることも。体重はぐんと増え、おなかの重みが増すので、腰や背中の痛みが強くなることもあります。

妊婦帯などのインナーやトラブル解消グッズを活用して、上手に乗りきりましょう。

子宮が大きくなると同時に、おなかの皮膚も引き伸ばされ、マタニティラインが できやすくなります。

急激に太りすぎない、 クリームなどで保湿ケアするなど、予防対策を万全にしましょう。

太りすぎると、妊娠高血圧症候群 などをまねいたり、産道に脂肪がついて難産になったりします。

体重管理も徹底してください。

お腹の赤ちゃんの状態は

体に丸みが出てきて胎位も安定してきます

ぐるぐる動いていた赤ちゃんも、しだいに 勢が落ち着いてきます。体には筋肉や皮下脂肪がつくので、少し丸みが出てきます。

体の器官がほば完成し、体重も増えるので、早産しても無事に育つ可能性が高まります。

身長:約43cm
体重:約1800g

この時期にやっておくこと

もうすぐ産休!仕事の引き継ぎをしっかりする

産休直前にあわてないよう、仕事 のスケジュールは余裕を持ってこなし、引き継ぎの準備を進めまし ょう。休暇中の連絡先も伝えましょう。

赤ちゃんの名前を考え始める

名前は赤ちゃんへの最初のプレゼントです。夫婦でよく相談して、お気に入りの名前をつけてあげましょう。まずは候補をいくつか考えましょう。

妊婦時代の思い出にマタニティフォトもおすすめです!

おなかの中で赤ちゃんを育む特別な時間。美しく神秘的な姿をマタ ニティフォトで残すのもすてきです。夫婦で撮影してもいい記念になります。

この時期に準備するもの

セレモニードレス

ベビーのお祝い行動はかわいいドレスで華やかに

ベビー布団

赤ちゃんがぐっすり眠れるように環境を整えましょう。