妊娠後期

妊娠中後期

お産に向けてさらに体が変化。

出産までもうひと頑張り!おなかが重くてつらいけど 赤ちゃんに会える日はもうすぐです。急にお産が始まってもあわてないように、入院準備や里帰りなどは余裕を持って進めましょう

妊娠9ヶ月 32~35週

女性の体の変化

妊娠後期ならではの不快な症状はこの時期がピーク

子宮はみぞおちのあたりまで上がってきます。

胃が押し上げられるので、胸やけや胃もたれを感じたり、一度にたくさん食べられなくなったりします。

これらの不快感は、お産が近くなり、子宮が下がってくると解消されます。

また、大きくなった子宮に心臓や肺が圧迫されて、動悸や息切れもしやすくなります。

頻尿や尿もれなども多くなりますが、これは大きくなった赤ちゃんの頭で膀胱が圧迫されるために起こることです、心配はいりません。

下着はこまめに取り替える、生理用ナプキンを当てるなどして。常に清潔を心がけましょう。

お腹の赤ちゃんの状態は

体がほぼ完成するので早産が心配な場合でもまずはひと安心

さらに皮下脂肪がついてきて、肌は弾力のあるピンク色に変わってきます。

全身に生えていた産毛も薄くなり、つめも伸びてきます。

生まれてからおっぱいを飲んで排泄する準備を始めるのもこの時期です。

身長:約47cm
体重:約2500g

この時期にやっておくこと

ファミリーサポートやベビーシッター、食材の宅配サービスなどのリサーチ

産後のママの強い味方になってくれる、さまざまなサービスをチェック。登録制のものもあるので、時間のあるうちに済ませましょう。

しばらく美容院に行かなくてもいいようなヘアスタイルにしておく

赤ちゃんが生まれるとなかなか美容院に行けなくなります。手入れが楽なようにカットする、髪を黒く染め直すなどは今のうちに。

入院準備を終了する

いつお産が始まってもあわてないように、入院グッズを用意してバッグにまとめておきましょう。

置き場所は夫や家族にも伝えましょう。

この時期に準備するもの

産褥ショーツ

出産直後から3~4週間は「悪露」と呼ばれる血液の混じったおりものがでます。その手当に便利なのが産褥ショーツです。股下が開閉するので、ナプキン交換が楽にできます。

骨盤ベルト

出産直後は、妊娠・出産で開いた骨盤を元に戻す必要があります。骨盤ベルトを使って引締め、産後のシェイプアップを成功させましょう。

妊娠10ヶ月 36~39週

女性の体の変化

予定日が近づいてきたら体からのサインに注意して

赤ちゃんが骨盤内に下がってくるので、内臓への圧迫がなくなり、胸やけや胃もたれが解消。

食欲も増してきます。その代わりに、脚のつけ根や恥骨のあたりに痛みを感じることも。

トイレがますます近くなり、残尿感を覚 えることもあります。1日に数回おなかが張ったり、本格的な陣痛の前触れとして前駆陣痛を感じる人もいます。

お産が近づくと、おしるし(少量の出血)があり、陣痛、破水と続きますが、おしるしがないまま陣痛が来たり、 破水から始まるケ-スもあります。あわてず 、様子を見て、入院に備えましょう。

お腹の赤ちゃんの状態は

生まれる準備は完了!ママに会えるのを待っている状態です

体全体に皮下脂肪がついて、ふっくらとした4頭身に。予定日が近づくと徐々に下がり始め、頭を下にした体勢で骨盤内に固定される ので、胎動は減っていきます。もう、いつ生まれても大丈夫!

身長:約50cm
体重:約3100g

この時期にやっておくこと

入院金の支払いや児童手当の申請方法などお金について確認しておく

産前産後のお金の動きをしっかりチェック。出ていくお金、もらえるお金、必要な書類や申請方法なども忘れずに確認しましょう。

入院時の連絡方法や出産後の手続きについて夫と最終確認

入院時の移動手段やダンドリなどを夫と打ち合わせておきましょう。病院や家族の連絡先リストを作っておくと安心です。

お産について知っておこう

お産がどんなふうに始まり、どう進んでいくのか、雑誌やネットで調べてみて。知ることで不安を解消できることもあります。

この時期に準備するもの

むくみ対策グッズ

妊娠後期は脚のむくみや足のつりに悩む妊婦の方が多いです。サポーターで血液の流れをよくして対策しましょう。

マザーズバッグ

ベビー連れのお出かけは荷物が多くて大変です。収納力があって使い勝手のいいマザーズバッグが便利です。