妊娠しやすい食べ物のレシピ

妊娠しやすい食べ物

毎日の食卓で妊娠しやすい体をつくる

旬の食材で、おいしいごはんとおかず。きっと赤ちゃんを迎えるためのパワーの源になるはず。毎日の食卓のヒントにぜひお役立て下さい。

冷え性 食べ物

レシピ① 舞茸のオイル漬け アレンジ多彩♪常備菜

卵巣ダメージは注目成分グリスリンで解決

月経不順や排卵障害、不妊症の一因となる女性の病気PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)。その改善に一役買うとして注目を集めているのが『まいたけ』。

なかに含まれる天然由来成分グリズリンは女性の病気に悩む医療現場でもこのグリズリン成分が入ったサプリで治療を行なう医療機関も出始めています。

今後の可能性に期待がかかる食材です。

材料

まいたけ・・・2パック

にんにく・・・1かけ

赤唐辛子・・・1本

黒こしょう・・・10粒

ローリエ・・・1枚 ・白ワインビネガー大さじ1

オリーブオイル・・・200cc ・塩・・・小さじ1/2~1

おいしい舞茸の選び方

全体的にハリがあり、触るとパリッと折れそうなものが新鮮。傘は茶色く開いていて、軸のほうは白くて弾力のあるものがいい。

子宝ポイント

不妊の原因といわれるPCOSや生理不順を改善する注目成分グリズリンが含まれるまいだけ。 卵巣に働きかけ、炎症を和らげることから生理痛改善にも期待できます。

作り方

①まいたけは石づきをとって小房にほぐす。

②フライパンにオリーブオイル、赤唐辛子、潰したにんにく、黒こしょう、ローリエを入れて火にかける。香りがでてきたら①を加えてさっと火を通し、塩、白ワインビネガーを加える。

メモ

これだけでおつまみに、パスタやサラダにかけたり、チャーハンやスクランブルエッグの具としても使える万能おかずです。

冷え性 食べ物

レシピ② にんじんと玉ねぎのシソ油ドレッシング

子宮の老化は良質な油で防ぎましょう

人間の体に欠かせない油は、生理周期におけるホルモンバランスのコントロールや子宮を健康に保つうえでも重要な役目を果たしています。

良質な油ならその効果はなおのこと。そこでぜひ取り入れたいのが亜麻仁油やシソ油などの「オメガ3脂肪酸」。

オメガ3脂肪酸には子宮内の炎症が悪化するTNF-αを抑制する働きがあるため,生理痛の緩和や子宮内膜症の改善にもおすすめです。

普段使う油をほんの少しグレードアップして女性機能の向上に役立てましょう!

材料

シソ油・・・大さじ3

にんじんすりおろし・・・1/2本

玉ねぎすりおろし・・・大さじ2

米酢・・・大さじ2

塩、こしょう、砂糖・・・適量

亜麻仁油やシソ油は酸化しやすいので保存方法に注意

通常の食用油に比べて、酸化しやすく保存期間が短め。

風通しのよい冷暗所に置き、早めに使い切りましょう。

容量の少ない小瓶タイプを購入しましょう。

子宝ポイント

オメガ3脂肪酸でホルモンカアップ。

女性に欠かせないホルモンの質をアップするには、良質な油を摂取することが不可欠です。

なかでも亜麻仁油やシソ油などのオメガ3脂肪酸にはホルモンバランスを整える働きもあっておすすめです。

作り方

材料をすべて混ぜ合わせる

メモ

茹でたパスタの上に温野菜をのせ、このドレッシングをかければサラダパスタの出来上がり、豚肉のソテーとの相性もばっちり

冷え性 食べ物

レシピ③ 野菜たっぷりミネストローネ

鶏肉のうまみがスープにしみわたる幸せ味。

材料(二人分)

鶏肉 60g

玉ねぎ 1/2個

にんじん 1/3本

じゃがいも 1個

塩、こしょう 各少々 オリーブ油 小さじ1

A

カットトマトの水煮缶 1/2缶

洋風スープのもと 1個 水 400ml

子宝ポイント

ミネストローネには、トマトのリコピン、にんじんのβカロテン、じゃがいものビタミンCなど、抗酸化力の高い食材がいっぱいはいっています。

作り方

1.玉ねぎ、にんじん、じゃがいもは皮をむき、1cmの角切りにする。

2.なべにオリーブ油を入れて中火で熱し、ひき肉をいためる。色が変わったら1をいれて、さらにいためる。

3.玉ねぎがしんなりしたらAを加える。ふたをして15分ほど野菜がやわらかくなるまで煮て、塩、こしょうで味をととのえる。好みで粉チーズを振る。

冷え性 食べ物

レシピ④ 野菜たっぷり和風ポトフ

ゴロゴロ野菜と骨つき肉で食べごたえ満点!

材料(二人分)

かぶ 2個

鷄手羽元 4本

生しいたけ 2枚

にんじん 1本

玉ねぎ 1/2個

オリーブオイル 大さじ1/2

だし 500ml

酒 大さじ1

みりん 大さじ1 しょうゆ 小さじ1/2

子宝ポイント

にんじんには抗酸化力の強いビタミンA(βカロテン)がたっぷり。鶏肉のタンパク質は他の肉類より消化吸収がいいのが特徴です。

作り方

1.かぶは茎を1~2cm残して切り落とし、皮をむいて縦半分に切る。しいだけは軸のかたい部分を切り落とし、手で2つに裂く。にんじん、玉ねぎはへたを切り落とし、縦半分に切る。

2.フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、手羽元を入れ、皮に焦げ目がつくまで焼く。

3.なべに手羽元、にんじん、だしを入れ強火にかけ、沸騰したらアクを除き、弱火で15分煮る。

4.かぶ、玉ねぎ、しいたけ、酒、みりん、しょうゆを加えてさらに15~20分、かぶがやわらかくなるまで弱火で煮る。

妊娠しやすい食べ物