多嚢胞性卵巣症候群PCOS

多嚢胞性卵巣症候群は卵子が成熟することができず、排卵が起こらなくなる状態のことです。

多嚢胞性卵巣症候群は、月経不順、 排卵障害の状態にある疾患のなかでも特に頻度の高い疾患です。

卵子が成熟することができず、排卵が起こらなくなる状態のことです。

排卵が起こらなくなることによって、卵巣の外側にある皮が厚くなり、さらに排卵が起こりにくくなるのです。

主な症状として、月経がなくなったり、稀発月経、多毛(特に鼻の下の毛やすね毛に)、肥満などがあります。

多嚢胞性卵巣症候群の不妊予防として大切なのは、できる限り早期診断を心がけることです。

また、肥満の人の場合は、低カロリーダイエットで体重を落とし、排卵環境を改善する必要があります。

多嚢胞性卵巣症候群の治療

ホルモン療法

卵子を成熟させて排卵を促進させます。

ただ、厚くなった外側の皮がやぶれないため排卵できない場合も。

卵胞穿刺

ホルモン療法がむずかしければ、 針を使って卵胞にいくつか穴を開ける治療法を行います。

子宮卵管造影検査

多嚢胞性卵巣の救世主にまいたけ

月経不順や排卵障害、不妊症の一因となる女性の病気PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)。その改善に一役買うとして注目を集めているのが『まいたけ』。

なかに含まれる天然由来成分グリズリンは卵胞が育つのに時開がかかリ排卵しづらい多嚢胞性卵巣(PCOS)をはじめ、排卵にお悩みの方をサポートします。

グリスリンと多嚢胞性卵巣(PCOS)の治療に用いられることが多い芍薬甘草湯と比較した実験では多嚢胞性卵巣(PCOS)と診断された28名の女性患者を対象に3カ月間、やはり多嚢胞性卵巣(PCOS)の治療に用いられることが多い芍薬甘草湯と比較したデータをとったところ、排卵を認めた例はグリスリンを使用した群で66,7%、芍薬甘草湯を使用した群で30,8%。

排卵率で2倍以上差があったうえ、グリスリンを使用した人は女性ホルモンのバランスも改善されたという結果が得られたそうです。

体外受精は成功率が高い

多嚢胞性卵巣症候群は、厚くなってしまった皮が原因。

これがやぶけさえすれば、体外受精によって妊娠に成功したという事例は多くあります。

厚い皮をやぶければ、 そこから成熟した卵子をとり出して受精させることができるのです。

排卵日

お客様からのうれしいご報告

本当に心から感謝しております!

福岡県糸島郡 匿名希望 24歳

数年前に、「PCO(S):多嚢胞性卵巣症候群」と診断され、薬でしばらく治療し、一時期改善していました。

でも、不正出血が2007年の冬辺りから、時々あり、今年の5月から、1ヶ月間は毎日出血が続いていました。

時々吐き気や体調不良等の症状もあり、医師に診断してもらったところ、「無排卵の可能性がある」と言われました。

「排卵してかもしれないないなんて・・・」と、とても落ち込み、子供が産めなくなってしまったら・・・・と本当に悲しい気持ちになりました。

「マカサポートデラックス」をネットで見つける事ができ、多くの方の体験談を読んで、「これなら効きそう」と即注文しました。

なんと飲んだ翌日から、1ヶ月以上止まらなかった不正出血がなくなり、飲み始めて1ヶ月近くなった頃に、自然に生理がきました! その効き目に驚いた事と、本当に心から感謝しております!

同じように悲しい思いや、苦しんでいらっしゃる方にも是非試していただきたいですね!