WHO認定キャッツクロー

catsclaw

アマゾンの樹木キャッツクロー

キャッツクローは、南米ペルーの中央山岳部、森林地帯に自生する、アカネ科の大きなつる状の樹木です。

キャッツクローは、アカネ科のカギカズラ属に分類され、学名をウンカリア・トメントーサと言います。

また、現地ではウンガリアと呼ばれ、インカ帝国時代から伝承薬として利用されています。

その枝に猫のように鋭い爪を持つことから、猫の爪と呼ばれています。 また、キャッツクローには、6種類の「アルカロイド」が含まれております。

キャッツクロー

今話題のキャッツクロー

キャッツクローはアマゾンの天然植物で、特にペルーで栽培されているものが有名です。最近、アメリカで話題のハーブです。

WHO(世界保健機構、国連の一組織)が薬用植物として公式に認定しています。 WHOは1994年ジュネーブ会議でキャッツクローを副作用のない抗炎症剤として公式に認定しました。

その後、EU(ヨーロッパ)では医薬品として販売、使用されています。

資料によると、チェルノブイリ原発事故後による放射線犠牲者の治療に「キャッツクロー」を採用され、その臨床データで免疫力向上、鎮痛の効果が確認されました。

キャッツクローのエピソード

ペルーのフジモリ前大統領は農家に麻薬の栽培をやめてキャッツクローの栽培をするようキャッツクロー栽培促進を国をあげて行っています。

キャッツクローの栽培により、農家が豊かになり、麻薬栽培をやめれば麻薬撲滅運動が進みますし、外貨獲得もできるという政策です。

このため、諸外国にキャッツクローを広めるための宣伝も行っています。

ペルーのフジモリ前大統領が東海村の原子力事故のとき、被爆者にキャッツクローを送った話は有名です。