男性の妊娠力をチェック

男性の妊娠力をチェック
男性も妊娠力をチェックしましょう

WHOの調査では、不妊カップルの半分は男性側に原因があることがわかっています。 気になることはありませんか?

精子の詳しい状態は検査してみないと詳しいことはわかりませんが、これまでの病歴や生活習慣などから、男性不妊になりやすい人をチェックできます。

勃起や射精などの性機能、精子の生産に大きくかかわる睾丸(こうがん)の状態をチェックしましょう。

A. 精子や精巣は大丈夫?

  1. 精巣の長径が3cm以下
  2. 精巣がはれたことがある
  3. 思春期以降、おたふくかぜにかかって精巣がはれた
  4. 性病(クラミジア、尿道炎など)にかかったことがある
  5. 鼠径ヘルニアの手術を受けたことがある
  6. 精液の量が1ml以下

A の解説

1. 精巣の長径が3センチ以下

精子の数が少ない。精巣の長径は4cm前後が一般的です。 3cm以下の場合は、精巣の機能が低下している可能性があり、精子の数が少なかったり、無精子症だったりすることがあります。

2. 精巣がはれたことがある

3. 思春期以降、おたふくかぜにかかって精巣がはれた

精巣機能の低下。 精巣がはれるのは、精巣に炎症が起こったためで、精巣機能が低下した可能性があります。

精巣上体炎は精巣ではなく精巣上体がはれる病気ですが、自分ではどちらがはれているのかわかりづらいことがあります。 精子の通り道がふさがってしまうことがあるので、注意が必要です。

4. 性病にかかったことがある

無精子の可能性が。 性病にかかると、精巣上体に炎症を起こして、精子の通り道がふさがってしまうことがあります。 自覚症状があまりない場合もある。

5. 鼠径ヘルニアの手術を受けたことがある

無精子の可能性が。 40代以上の男性で、幼少期に鼠径ヘルニアの手術を受けたことがある場合は、手術で精管がふさがれ、精液中に精子がない可能性があります。

6. 精液の量が1ミリリットル以下

精子の数が少ない。一般的に精液の量は2ml程度です。 1ml以下の場合は含まれる精子の数も少なくなるため、その分妊娠しにくくなります。また、先天性精管欠損症の可能性があります。

1~6にあてはまるものがあれば精液検査を受けましょう

不妊治療を行なっているクリニックであれば、精液検査は産婦人科、泌尿器科のどちらでもしてもらえます。 検査の結果で最もたいせつなのは、精液の中に精子があるかないか。 精子がない=無精子症とわかった場合は、泌尿器科の専門クリニックを紹介してもらいましょう。

Pick up! 精子や精巣チェックのレビュー

自分たちでタイミングをしても授からず、クリニックで検査したときに私には問題はありませんでしたが夫の乏精子症が発覚しました ...

精子や精巣チェックのレビューの続きはこちら

B. 性交の時に問題がある?

  1. 勃起しない
  2. 射精ができない

B の解説

1. セックスのとき勃起しない

精子の数が少ない。精巣の長径は4cm前後が一般的です。 3cm以下の場合は、精巣の機能が低下している可能性があり、精子の数が少なかったり、無精子症だったりすることがあります。

2. セックスのとき射精ができない

射精障害。勃起はするものの、射精ができない状態です。 「セックス時に射精できない」「まったく射精がない」など、自覚症状があります。 

Pick up! 性交時のレビュー

Hも月に4,5回程度で、夫婦共働きだし疲れてすぐ寝るので、なかなかタイミングが掴めませんでした ...

性交時のレビューの続きはこちら

AにもBにもあてはまらなくても精液検査を受けましょう

  1. 赤ちゃんを希望して一年以上がたつ
  2. 35歳以上

泌尿器科

セックスのとき勃起や射精ができない「性機能障害」の場合は、泌尿器科を受診します。 性機能障害は自覚症状があることがほとんどですが、問診や視診、触診などによって診断を確定します。

Pick up! 精液検査のレビュー

先日受けた夫の精液検査でやっと人工授精ができる状態まで回復していることがわかりました ...

精液検査のレビューの続きはこちら

男性不妊には珍しいことではない?

「男性側に原因がある」と「男女両方に原因がある」をあわせ、不妊は男性側にも約半数の原因があります。

原因の一つである無精子症は一般的に100人に1人いるといわれており、男性不妊はけっして珍しくありません。 男性側に問題がある場合、原因は大きく2つに分けられます。

精子や精巣に問題がある場合と、セックスに支障がある場合とがあり、それぞれ治療方法が違います。 しかし、治療をすればすぐに妊娠するかというと、そうとはいえません。

また、女性は年齢を重ねるほど、体外受精や顕微授精を行なっても妊娠しにくくなります。 赤ちゃんを望む場合は、早めに精液検査を受けたり、泌尿器科を受診するようにしましょう。

出典元:

Reviewed by

  • Sachiko Mitarai, MD
    Sachiko Mitarai, MD

    ペニス(陰茎)が大きいか小さいかは精子力、いわば「妊娠させる能力」には関係がないといわれています。 勃起して、膣内で射精できれば問題ありません。 つまり、射精や精子の能力とモノの大小・長短には相関関係はないということです。 ただ極端に小さいペニス、いわゆるマイクロペニスは、勃起が不十分であったり、膣内挿入が困難なため、射精や妊娠には問題があります。 現代は「膣内で射精できないこと」のほうがよほど大きな問題です。 日本人男性の勃起時の平均的なサイズは、測定方法によって異なります。 下腹部の脂肪の厚みの影響を避けるため、恥骨に強く物差しを押しつけて測定する「Bone pressed method」によって測定する必要があります。 また、医療従事者が測定した場合と、ウェブ調査のように匿名’自己申告(アンケート)で調査した場合とでは、大きな差があります。 コンドームメーカーであるオカモトがアンケートで行った調査では、日本人成人男性の勃起時のぺ二スの長さは平均15.1cm、また、2000年に行われたウェブ調査では14.6cmでした。しかし、医師が測定した場合は12.7cmと報告されているものもあるようです。