男性不妊のサプリ

男性不妊サプリ
男性不妊のサプリは精子の材料を確保するサプリ

男性不妊のサプリに大事なのは、栄養素をしっかりとる事です。 新しい精子が作られ始めてから、精子として一人前になるまでには3ヵ月程度かかるので、サプリメントの効果が表れ始めるのは4ヵ月目以降です。

精子や精液の材料として、最も多く必要なのはたんぱく質。その他にもコレステロールや色々なビタミン、ミネラルが使われています。

精子の質は目に見えるものではないので、自分で確認のしようがありませんよね。ですから、利用しているサプリメントが自分に合っているかの判断は、「体の調子が良いと感じるか」を判断基準にしてみてください。

精子の質を良くするビタミンEのサプリ

ビタミンEは、精巣の機能を高める、精子数の増加、精子の運動率を上げると言われています。 精巣の機能を高め、精子の数を増加させると言われています。

さらに精子運動量を上げてくれるので、受精の確立を高めてくれると言われています。 実験でビタミンEを毎日200㎎ずつ投与した場合、精子数は4ヵ月後から増えはじめ、10ヵ月後には10倍近くになったという報告もあるそうです。

コエンザイムQ10のサプリ

コエンザイムQ10の補充は軽度の精索静脈瘤の男性不妊患者の抗酸化能力を高め、精子濃度や精子運動率を改善させることがイタリアで実施された試験で確かめられたようです。

コエンザイムQ10を男性不妊用の患者を対象とした海外での試験で、1日200mg使用した結果、精子の運動能力が改善されたという報告があります。

コエンザイムQ10は、抗酸化とエネルギー生産の両方に関わっている補酵素です。 コエンザイムQ10は元々吸収率が低く、製品によって吸収率や利用効率に差があるため、「含有量が多い=効果がある」ではありません。

不足すると精子の数が減り、運動率も下がるセレン

セレンは、抗酸化効果を持つミネラルで、精子の量や運動率を向上してくれる効果もあり生殖機能に大切な栄養素です。

セレンの抗酸化作用により、体内で作られた精子を活性酸素から守ってくれるので、精子の生成をサポートし、精子の数が減少するのを予防してくれます。

男性不妊専門のサプリメント

男性不妊サプリ
男性不妊専門のサプリメント、マイシードは男性の妊活に必要な亜鉛、コエンザイムQ10など男性不妊治療にも使われている栄養素が含まれているので男性不妊でお悩みの方にぜひお勧めしたいサプリメントです。

ベビーライフ研究所が開発した男性不妊のサプリメント

ベビーライフ研究所が開発した男性用妊活サプリメントのマイシードは精子の運動率が基準値を下回っており、子宝に恵まれなかったベビーライフ研究所の代表が、自身の悩みから開発された男性不妊専門のサプリメントです。

男不妊治療専門クリニックで使用されている男性不妊のサプリメント

英ウィメンズクリニックは不妊治療に特化した総合病院です 英ウィメンズクリニック 理事長 塩谷雅英 男性不妊専門のサプリメント、マイシードは男性不妊に特化した栄養面や安全性が評価され、不妊治療専門の英ウィメンズクリニックで2017年4月より使用されています。

不妊治療専門の英ウィメンズクリニックは国内でも数少ない不妊治療の最新医療設備を導入しており、専門分野に長けたドクターが揃い、国内でもトップクラスの妊娠例を誇っています。

男性不妊のサプリは生殖医療専門医が監修

江夏徳寿
江夏徳寿 生殖医療専門医

精子の状態を改善させる手助けをする成分を総合的に配合している精子専用のサプリです。 世界中の先進国において不妊治療はより一般的になるにしたがって、男性も一緒に冶療に参加する事がより重要視されるようになってきました。不妊治療には様々なステップがありますが、いずれの冶療におきましても精子の質か良い事が治療の成功率を上げるために不可欠になります。男性不妊の治康法の一つとして内服治療がありますが、どの成分が良いかは個人差があり、一つ一つ試していくと非常に時間かかかってしまいます。マイシードは精子の状態を改善させる効果のある成分を総合的に配合している数少ない精子専用のサプリであるため当院でも採用しています。成分については当院でも精査しており、今後もより良い組成を目指して定期的に協議していきたいと考えています。

  • 2015年 日本生殖医学会、国際不妊学会 学芸員
  • 2016年 旭化成ファーマ泌尿器学術研究助成集会 優秀テーマ受賞
  • 日本泌尿器科学会
  • 日本生殖内分泌学会
  • 日本産科婦人科学会
出典元:

Reviews

評価:4.6 (5)
  • Maki Motida
    Maki Motida
    評価: 4.6
    男性不妊のサプリメントでとりたい成分 亜鉛

    日々の生活で不足しがちで、男性の精子の質を左右する栄養素と言えば「亜鉛」です。 食事摂取基準の2010年版で、亜鉛の推奨量がこれまでより多くなり、多くの人が「不足気味」にあてはまるようになりました。 亜鉛はインスタント食品や加工食品が多い食生活で不足したり、喫煙・飲酒や激しい運動によって消費されます。 亜鉛が不足しているということは、他のビタミン、ミネラルもバランスが取れていないことが多いので、亜鉛が含まれたサプリメントが男性不妊にはおすすめです。

  • Akiko Miyahara
    Akiko Miyahara
    評価: 4.7
    男性不妊のサプリメントでとりたい成分 コエンザイムQ10

    コエンザイムQ10は、抗酸化とエネルギー生産の両方に関わっている補酵素です。 男性不妊用の患者を対象とした海外での試験で、コエンザイムQ10を1日200mg使用した結果、精子の運動率が上がったという報告があります。 ※精液所見の改善を確認できた際のコエンザイムQ10の1日あたり摂取量は200~300mg。 コエンザイムQ10を食事から摂取しただけで精液所見に影響を与えるには少なすぎるので、コエンザイムQ10はサプリメントという形でしっかり摂取する、という方法が推奨されています。

  • Tomohiro
    Tomohiro
    評価: 4.7
    男性不妊の治療にも使われているサプリメント

    精子の数が少ない乏精子症(ぼうせいししょう)や精子の運動率が低下した精子無力症(せいしむりょくしょう)、形の悪い精子の割合が高い精子奇形症(せいしきけいしょう)の場合、軽症ならサプリメントで状態がよくなることがあります。 最近注目されているのが、コエンザイムQ10 や L -カルニチンなどの抗酸化剤を含むサプリメント。精索静脈癌の治療にも使われています。漢方では補中益気湯が処方されることが多いようです。 精子は成長するまで3ヵ月(一般的に精子の元が生まれて最終的に体外にでるまで74日程度)かかるので、サプリメントを飲み始めて3ヵ月おきに精液検査をして効果を確認します。

  • Yui Kitamura
    Yui Kitamura
    評価: 4.5
    EDのお守り代わりに男性不妊のサプリメント

    男性は一度や二度うまくいかなくても、まったく気にすることはありません。そんなことは、誰にでもあります。 でも、それが何度も続くのはまずい。「もし、今度もうまくいかなかったら……」という不安から、余計プレッシャーを感じてしまうからです。 EDの状態が長く続くと、回復にも時間がかかることが多いです。勃起しにくいことが問題ならば男性不妊のサプリメントに頼りましょう!

  • Makana
    Kazuko
    評価: 4.5
    マイシードのサプリのおかげかも

    二人目不妊だったのですが、妻側は問題がなく夫の方が乏精子症と精子無力症で「顕微鏡受精でないと妊娠できない」といわれました。 ちなみに精液検査の結果は150万/ml、16%です。 病院で「一人産んでいます」というととてもビックリしていました。 高度治療といきなりいわれてもなかなか金銭的な余裕もなく貯金中で夫の方がマイシードのサプリを飲んでいましたが、先日思いがけなく自然妊娠しました。 本当に驚きです。 順調にいけば夏に7年ぶりの出産です。本当にどうしてだかわからないのですが、マイシードのサプリのおかげかもしれません。