妊娠したいと思ったら始めること

妊娠したい
妊娠したいと思ったらどんなことから始める?

妊娠したいと思ったらどんなことから始めればいいの?という人は、まず基本的な流れを知っておきましょう。

そろそろ妊娠したいと、思ったとき、何をしますか?健康な体づくり?食生活に気をつける?基礎体温を記録する?

妊娠に向けてパートナーとともに正しい知識や情報を共有し赤ちゃんができるその日に向けて、ポジティブに妊活に取り組む姿勢は大切です。

赤ちゃんを望む生活上の妊娠したいと思ったら始めることのポイントをまとめました。

妊娠したいと思ったら始めることのポイント

子宮や卵巣の病気、不摂生な生活習慣の積み重ねで、いつのまにか妊娠しにくい体になっているかもしれません。 自分の妊娠力をチェックして自分にあった妊活を始めましょう。

1.妊娠したいと思ったらまずは基礎体温表つけて排卵日を予測

女性は妊娠したいと思ったら、まず基礎体温をつけてみてください。 医師に相談しても第一にいわれることで、本や雑誌でもよく取り上げられていますが、妊活=基礎体温をつけるというのは常識と考えてください。

自分の基礎体温を記すことで、妊娠できるタイミングが見えてきます。 そのため、その「妊娠しやすい日」にタイミングを合わせて回数を増やすことで、妊娠する確率を上げることができます。

2.基礎体温表をつけたら排卵日を計算してみましょう

排卵日が分かれば妊娠の可能性が非常に高まります。 基礎体温表をある期間つけて自分のリズムがわかってきたら、排卵日を計算してみましょう。

不妊要因をかかえてたり性交の回数があまり多くないカップルにとっては、妊娠する確率をより高めるために排卵日を計算することはとても重要になります。

3.排卵日がわかったらタイミング法、妊娠したいと思ったら、日々の体作りも大事!

タイミング法とは「排卵の時期を予測してセックスをすること」。 気軽にチャレンジできるタイミング法は、妊活の第一歩です。 自己流のタイミング法は実は間違ってたという人もおおいので正しい知識を身につけておいてください。

また妊娠したいと思ったら、日々の体作りも大事です。タイミング法と同時に生活習慣を見直して妊娠しやすい体作りをしましょう。

規則正しい生活や、きちんとした食生活、冷え性対策などを心がけることが第一歩です。 自分で出来ることもたくさんあります。排卵障害による不妊症の大部分は、食事や生活習慣の変更によって予防することができます。

4.妊娠したいと思ったら妊娠しやすい体位を!

女性の子宮の形によって妊娠しやすい体位は異なります。 子宮が前に傾いている(前屈)か、後ろに傾いている(後屈)かによって、妊娠しやすい体位はちがいます。

子宮前屈の場合は、子宮口が精液の溜まる部分に向いているので、正常位や側仰位(横向き)といった体位で行なうことによって子宮に精子が進入しやすくなります。

子宮後屈の場合は、精液が溜まる場所と子宮口が離れているので、女性がうつ伏せ姿勢になる後背位や後側位(横向き)といった体位で行なうと精子がスムーズに入りやすくなります。

いずれもセックスが終わったとたんに動くのではなく、そのまま横になった状態で15分以上静かにじっとしていましょう。

妊娠したいと思ったら知っておきたい4つの事

妊娠したいと思ったら知っておきたいこと
妊娠したいと思ったら知っておきたい事

1.最大の敵は年齢

妊娠適齢期に正確な定義はありませんが、およそ18から34歳です。 35歳を過ぎると、卵子が老化して妊娠する力はガクンと下がります。 同時に流産率も高くなり、20代では10%ですが、35歳以上は20%、40歳では50%までに上がる傾向があります。 晩婚カップルははやめに計画を立てましょう。

2.妊娠したいと思ったら生活習慣を見直そう!

妊娠したいと思ったら治療だけでなく、日々の体作りも大事です。 規則正しい生活や、きちんとした食生活、冷え性対策などを心がけることが第一歩です。 自分で出来ることもたくさんあります。

3.不妊の原因の約半数は男性側に

なかなか妊娠しないと、女性に原因があると思われがちです。 しかし、精子の数が少なかったり運動率が低いなど、現在では不妊のカップルの約半数は男性側にもあることがわかってきました。 できるだけ、夫婦ふたりとも検査してみてください。

不妊原因は複数ある場合も多く、お互いに原因があることも珍しくありません。妊娠したいと思ったら男性の妊娠力もチェックを。

4.原因不明の不妊は全体の11%

検査をして不妊原因がわかれば、それを取り除いて治療を進めることで妊娠に近づきます。しかし、不妊カップルの11%は原因不明です。 機能性不妊の場合、単純に原因がみつからない場合と、原因があっても検査でみつけづらい場合とがあります。

出典元:

Reviews

評価:4.7 (3)
  • >Akiko Miyahara
    Akiko Miyahara
    評価: 4.8
    妊娠したいと思ったら病院で検査するのも選択肢に

    卵管の詰まりや精子の異常などは、検査をしないとわかりません。健康診断をするつもりで、近所の産婦人科へ足を運んでみてもいいと思います。不妊治療に強く、通院可能な病院の情報を集めてみてください。

  • Akemi tachibana
    Akemi Tachibana
    評価: 4.7
    リラックスする時間を取る

    ストレスレベルが上がるにつれて、妊娠力は低下します。これは、ストレスを感じているときに起こるホルモンの変化によるものと思われます。ストレスの多い仕事をして長時間働くことで、妊娠するまでの時間も長くなる可能性があります。事実、ストレス、不安、うつ病は不妊治療クリニックに出席する女性の約30%に影響を与えるという報告があります。

  • Sachiko Mitarai
    Sachiko Mitarai
    評価: 4.6
    タイミングを取ってみたら、成功しました。

    妊娠したいと思ったらまずは排卵検査薬を買ってその通りにトライしてみることが大切だと思います。(すごく大変ですが・・・) 希望を持ってそして、頑張りすぎないように!!!気持ちがなかなかつらいときもあるし、ストレス発散は絶対必要です!

Comments