基礎体温を整える食べ物

基礎体温を整える食べ物
低温期と高温期を整える食べ物

低温期は、卵胞ホルモンとエストロゲンがメインで出ている時期。 女性ホルモンの分泌を調整するイソフラボンを大豆製品からとり、ホルモンの働きをサポートしましょう。

高温期は、血液サラサラ食材+あたたかい料理が基本。 さらに質のよい血液をつくり、内膜の材料となり受精卵の着床を助ける「鉄」をとるのがおすすめです。

赤身の肉、魚、あさり、納豆、青菜、海藻などに多く含まれています。

基礎体温を整える食べ物選びのポイント

  • 低温期=イソフラボン
  • 高温期=鉄

低温期を整える食べ物一覧

ごま

良質な脂質やビタミン E、カルシウム、鉄分が豊富。抗酸化作用で肝臓機能活性化やアンチエイジングにも◎。

豆乳

中に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンと似た働きをします。 1日130 gを目安にとりましょう。

納豆

ナットウキナーゼという酵素を含み、血液をサラサラにする効果が。 子宮や卵巣に栄養を行き届きやすくします。

高温期を整える食べ物一覧

あさり

亜鉛や鉄分を多く含み、精子の牛成を活発にする効果があります。ビタミンA ・B12も豊富で貧血にも◎。

ほうれんそう

鉄分、ビタミンA・C、そして葉酸が豊富なほうれん草。栄養があり身近な野菜なので、毎日積極的に取り入れてください。

ひじき

カルシウムと鉄分、マグネシウムが豊富で、貧血や骨粗鬆症予防にも効果的。イライラや不眠も解消します。

その他

赤身の肉、魚、あさり、納豆、レバー、青菜、海藻、とうふなど

排卵の時期には卵・ナッツ類を

排卵の時期には卵・ナッツ類を
排卵の時期には卵・ナッツ類を

栄養価が高く、バランスもいい卵やナッツ類。まるごと食べられるのでビタミンやミネラルをたっぷりとることができます。 エネルギーをたくさん使う排卵の時期に食べると、授かり力をサポートしてくれます

出典元:

Reviews

評価:4.7 (2)
  • >Maki Motida
    Maki Motida
    評価: 4.7
    低温期・高温期それそれをサポートする食材をとり入れて

    卵胞ホルモン・エストロゲンが分泌される 低温期には、イソフラボンが豊富な大豆製品と子宮内膜の材料になる鉄分でサポートを。高温期には血液をつくり、しっかり子宮内膜に血液を送れるように、鉄分と血液サラサラ食材がおすすめです。

  • Akiko Miyahara
    Akiko Miyahara
    評価: 4.7
    1日にとる大豆製品の量

    1日に豆乳130g、とうふ100g、納豆1パック(50g)のどれかひとつでOK

Comments